プロフェッショナル 仕事の流儀

画像


毎週木曜日午後10時~10時44分 NHKで放送されている番組です。

その道の「プロフェッショナル」と言われる人がゲスト出演し

「仕事の流儀」を語る番組で、

とても勉強になるので、毎週ビデオに録画して見ています。

3月8日に放送された、ゲストは400名の社員を抱える

ベンチャー企業の女性経営者南場智子さんでした。

「仕事こそが人を育てる」

「苦しい時こそ、前のめりであれ」

と言う言葉が印象的でした。

元々外資系コンサルティンの会社に勤めていて

日本人の法人トップの成績を残す優秀な方だったそうで、

現場で実践し体験したいと会社を立ち上げたそうです。

会社を設立し、当時は馴染みの薄かったオークションサイトを立ち上げる

際に、予定の1ヶ月前になって手違いでプログラムが白紙の状態が判明。

絶体絶命の危機をまさに「前のめりな姿勢」で乗り越え

「闇の中でも、どこかに光が必ずあると信じ続ければ道は開ける。」

それが南場智子さんの経営者としての信念となったのだそうです。

何か決断を迫られたり、迷ったときに考える事は

「頂きに向かっているのだろうか?」と自問し、答えを出すと

おっしゃっていました。

確かに目の前の問題を解決する事ばかりに目を向けて

しまうと、本来の信念や目標から外れてしまい、

目の前の問題は解決できても本末転倒な結果を招いて

しまう事にもなりかねませんよね。

コンサルタントをしていた時のお客さんに今会ったら、

土下座をして謝りたいと言っていました。

問題を指摘し提案する事と、実際に解決する事、実行する事は雲泥の差

があると言う事なのでしょうね。

そういう事に気付き、素直に謝りたいと言える、人柄もその人の魅力なのだろう

なぁと思いました。

沢山の社員を抱え、携帯電話の分野で特に変化の激しい

ベンチャー企業のトップでありながら、等身大の自分をちゃんと理解している

のは、常に自分自身と向き合う強さを持っている人なのだと思いました。

プロフェッショナルとは?と言う質問に

「私にとってはやっぱり与えられた責任をしっかりと

果たすという事をすごく重視している人だと思います」

それだけの事をされている方が言うと、とても重みがありますよね。

社員の育成に関して、「仕事こそが人を育てる」

「能力よりもやる気」を重視していました。

私自身も、スタッフの育成に関して、本を読んだり、セミナーに出席

したりと、「育てる」方法や「やる気を出させる」方法を考えてみたりしたのですが

やる気や仕事に対する責任感と言うのは、

本人次第で人が変える事は難しいと痛感しています。

どんな仕事でも頑張れる人成功できる人は

他の仕事でも同じように、頑張ったり成功できるのだと思います。


現在は2月末にスタッフが1人退職し、

スタッフ不足で、すぐにでもを雇いたい状況なのですが

単なる頭数になるスタッフではなく、

これからは、その人の持つ「やる気」「責任感」を重視し、採用をして

いきたいと考えています。

スタッフにも負担をかけてしまっているのですが

以前よりも責任感やモチベーションがアップし

頑張ってくれているので、治療院の雰囲気は良くなったと思います

昨日は土曜日で週の中で一番忙しい日なのですが、

何とか無事終わり、スタッフから

「院長、今月の平均人数は○○人ですよっ!」

と喜んで声をかけられると、嬉しくなります

予約が取りずらかったり、お待たせしてしまったり、

患者さんにはご迷惑をおかけして大変申し訳ないのですが

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

そして私自身も成長できるよう「前のめり」な姿勢で日々精進してまいります!

話しはそれてしまいましたが、「プロフェッショナル」仕事の流儀

お薦めです!興味のある方はご覧になってみてください

↓応援宜しくお願いします↓1日1回クリックを

にほんブログ村 健康ブログへ←健康ブログランキングに参加しています。ポチっとクリックお願いします



画像>←ブログランキングに参加しています。カチッ!とクリックして下さいね!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 私の会社の事務制服

    Excerpt: 私の会社から支給されている事務制服は最悪です。 どう最悪かというと、やっぱりデザインです!! Weblog: 事務制服はカッコよく!! racked: 2007-03-14 02:50