冬ほど小食が大切ってご存知ですか?

画像



冬ほど小食が大切ってご存知ですか?
冬はなぜ小食が大切かというと、冬には食物が十分に捕る事が出来なかった事が理由です。

今ですら、農業の発達や、輸入といった国際協力のもと、日本は食物に困ることがほとんどなくなりました。

今みたいな食物が豊富な時代は、人類の歴史からみたら極々わずかな期間に過ぎません。

昔の冬の生活と言えば、日々飢えとの戦いの連続であったと言えるでしょう。

そこで人類は長い年月をかけて、飢えに耐えられる為の進化を重ねていく中で、体を省エネにする道を選びました。

動物の中には、冬眠という選択肢を選んだ動物もたくさんいます。

人間は冬には冬の体へ、夏には夏の体へとスイッチを切り替えるようにコントロールできるようになりました。

「冬には少しの食事で、効率よくエネルギーに変えることが出来るように進化を遂げたのです」

しかしながら昨今、冬ほど食べ過ぎる傾向が強くなり、冬に太るといった方もたくさんおられます。

さて冬に食べ過ぎるとどのような弊害が起こる事が考えられるでしょうか?

その弊害として最も多いのが、風邪です。

冬の風邪は食べ過ぎる事によって免疫力が低下する事により起こると言われています。もう一つは、春先の花粉症

です。これも免疫疾患の典型的な症状です。

これらの症状は現代では当たり前のように、毎年ニュースになるなど厄介な症状です。しかしながら、これらの原因

が食べ過ぎが原因である事はほとんど知られていません。

皆様も経験ありますでしょうか?年末年始の休み中に風邪を引いてしまって、寝てばっかりの正月を送った事ありませんか?

これは食べ過ぎが原因で起こる典型的な症状と言えるでしょう。皆様もご存じの通り、風邪を引くとまず何を起こすかという

と、食欲の減退を促します。食を取らなくさせるのです。その次は寒気が出ますが、これは体を温めなさいという信

号なのです。これらの症状は全て何とか体を良くしたくて発している防御反応なのです。


ソフトバランスはり灸整体院HPは⇒こちら


↓応援宜しくお願いします↓1日1回クリックを

にほんブログ村 健康ブログへ←健康ブログランキングに参加しています。ポチっとクリックお願いします


画像>←ブログランキングに参加しています。カチッ!とクリックして下さいね!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック