アゴ(顎関節症)の痛み

アゴ(顎関節症)の痛み

一般的な考えとして


顎関節症の症状

①顎関節部および咀嚼筋の疼痛(顎やその周りの筋肉が痛い)
②関節雑音(関節の音がなる)
③開口障害(口が開けられない)ないし顎運動異常(顎の動きがおかしい)
を伴う「顎の慢性的な疾患」に対する臨床的な診断名として用いられ始めたもので、
日本顎関節学会(1996)は顎関節症を次のように定義しています。

顎関節症の定義

顎関節症は、東京大学医学部附属病院口腔外科のホームページによると、
「顎関節症とは、顎関節や咀嚼筋の疼痛、関節雑音、開口障害または
顎運動異常を主要症候とする慢性疾患の総括的診断名であり、
その病態には咀嚼筋障害、関節包・靱帯障害、関節円板障害、変形性関節症などが含まれる。」
としています。


顎関節症の原因として考えられるもの
(東京大学医学部附属病院口腔外科のホームページよると)

米国の厚生労働省に相当する機関の歯科部門が出した見解は以下のようになります。
1. 明らかな原因
下顎や顎関節への外傷(パンをかじった。急に大開口したなども含む)
2. 明らかではないが、関連が高いと考えられる原因
精神的ストレス
歯ぎしり・食いしばりなどの習癖
3. 最近は関連が低いと唱えられていること
悪いかみ合せ
(顎関節の位置が著しく変わるような場合には、関連があることもあります)






しかし、当院では・・・

当院が考える顎関節症の原因とは(私的考察)

アゴの働きとは本来、食事をしたり、会話をしたりする際に主に働く関節ですが、
ここの場所が痛むという事は、食事の食べ方や会話の仕方に問題があると私は考えています。

わかりやすく説明致しますと、食事とは生きるために最も重要な行為です。
また、会話とはその人の人格、性格、人間性を現します。
要するに、その人その人の生き方そのものを表しています。
とういうことは、その人らしい生き方に反していれば、反しているほど、アゴの痛みとして、
訴え始めるということになります。
   
当院の施術のポイント

① 骨盤・頭蓋骨の調整
② 股関節・仙腸関節(骨盤と仙骨を繋ぐ関節)の調整
③ 手首・足首の調整
④ アゴの関節に関連のある内臓調整
⑤ 食事の取り方の指導

 アゴの痛みは、体全体のバランスが崩れている事を現す信号となり、
 体全体の勢いが落ちている事を表します。
 アゴの症状がある方は、血流不足からくる手足の冷え、むくみ、便秘、
 頻尿、腹痛、肩こり、腰痛、だるさ、めまいといった、多種多様な症状をお持ちの方が多く
いらっしゃいます。 是非一度、ご相談下さい。


ソフトバランスはり灸整体院HPは⇒こちら

↓応援宜しくお願いします↓1日1回クリックを

にほんブログ村 健康ブログへ←健康ブログランキングに参加しています。ポチっとクリックお願いします


画像>←ブログランキングに参加しています。カチッ!とクリックして下さいね!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック