拘り、思い込み、決めつけ、夢などは余計な脳の固定化を生んでしまうのでは?

今日のソフバラメルマガは


拘り、思い込み、決めつけ、夢などは余計な脳の固定化を生んでしまい


個々の能力(個性)を低下させてしまうのではないか?


自分に自信が無いから、何か夢とか目標とか立てたがるのではないか?


自分を見てるとそんなふうに感じます。


自信が無いから自分を守るための保険をかけたり、言い訳を考えるように


自分を納得させたいだけなんじゃないか。


みなさんもそんな経験があるのではないでしょうか。


でもそれって脳を固定化して、その人の能力を縮めている事になるかもしれないのです。


考えすぎると、咄嗟の判断を低下させたり、本来進むべき方向を見失う事もあるように思います。


大人が子供に対してこーだあーだと自分の価値観で教え込もうとする。


それって自信の無さの表れだったりするんだと思います。


それによって、子供の可能性を潰している事のもなりまねません。


先日のメルマガで友人(今は縁を切られましたが(^_^;)とケンカになった話も、


礼儀についての話だったのですが、


子供に対して、親の思いや拘りが強すぎて、更には子供だからと子供を軽視したり、


子供は未熟といった考え方や扱い方や、そのような思いの強さに、強く憤りを感じました。


確かに大きなお世話って言われるのもわかりますが。。。


当院には場所柄、東大卒や東大の学生さんもたまに来院されています。


そういった方に、子供の頃に親に勉強勉強と言わましたか?と質問すると、


多くの場合、言われなかったと答えます。


自分がやりたいと言ったことに反対されたことがないとまでいう方もいました。


中にはそうでない卒業生や学生さんもいました。


でもそういった方の多くに、親を理解し思い、親の言うことを鵜呑みにせず、


自分を知ることで見つめ直し、やるべき事を整理し、進むべき方向を自分で精査していたのです。


だからどちらの状況に置いても、生きる力を身につけている人が多いのではないでしょうか。


私はご想像通り、勉強勉強と言われて育ったのですが(^-^;


子供を一人の人間として尊重し、自己責任、自己選択に任すと言うことは、


とても勇気がいります。よほど子供を信頼しているとか、自分に自信がないとなかなかできません。


世の中では子供の虐待が、20年前に比べて60倍以上に増えています。


確かに制度上、便利な世の中になりましたので、報告する人も昔に比べたら多くなるのは当然ですが、


それでも異常なほど増えているといっても過言ではありません。


虐待をする親の意見の多くに、「自分が子供を虐待するようになるとは思ってもみなかった」


「虐待だと思ってもいなかった」と言っているそうです。


なぜ虐待が起こってしまうのか?


私なりに思うのは、子供への歪んだ愛情と自己満足、


そして自信の無さが引き起こす干渉と無関心だと思います。


自信を持つには、自分を客観的に見ようとする心がけや、自分を知り、


自分の生き方を再認識することで持てるようになるのではないでしょうか。


今までも自信については、色んな形やメルマガを通じて説明させて頂いていますので、


是非過去のメルマガを見てみて下さい。


体の事から虐待の話になるとは思っても見ませんでしたが、


虐待についての知識は一切私にはありません。


以前にも言わせて頂きましたが、知識の無さが私の強みですので、図々しくも書かせて頂きました。


体にも通ずるものですので、何かのお役に立てればと思い、書かせて頂きました。ご了承下さい。


本日のタイトル「拘り、思い込み、決めつけ、夢などは余計な脳の固定化を生んでしまうのでは?」


ですが、本題は脳の固定化がその人の能力の低下を引き起こすという事の


話しをしたいので話を戻します。


先日、You Tubeで情熱大陸を見ました。その時のゲストが「今でしょ」で有名になった


東進ハイスクールの林 修さんでした。少しこの方に興味がありましたので、


何だろうと見ていました。


すると、密着しているディレクターが、林先生に質問しました。


「頭のいい子供ってどんな所が違うんですか?」


と質問しました。すると林先生はこう答えました「横綱相撲が取れるんですよんね~」と。


その後、林先生がボソっとこう言ったのです「灘高校の生徒って、字が汚い子が多いんですよね~」と。


初めはこの言葉の意味がよく解りませんでした。


しばらくして後からその意味が解ったのですが、


なぜ灘高校の生徒に字が汚い子供が多いか。


極端かもそれませんが、それは字が汚なくても、自分が読めればそんなに困らないということです。


それより、きれいに書こうとすることで、無駄なエネルギーの消耗や、


無駄にスピードを遅くなってしまい、


勉強効率を低下させてしまうことにもなり、結果、集中力低下記憶力低下といった具合に、


どんどん効率が悪くなってしまいます。


効率性を考えることは、体の進化、動物の進化に似ています。


人が字をきれいに書きたいという願望の多くに、「人からどう思われるか」とか


「きれいな方が人が見やすい」とか「人からの評価が良い」とか「良く思われたい」といった


結局は見栄や人からの評価を気にしての場合が多いように感じます。(もちろんそれだけではありませんが)


だからほとんどの人が、そういった事に憧れを抱くのではないでしょうか。


先日、その事を患者さんに話をしたら、こんなエピソードを教えてくれました。


ある会社の面接で、一人の面接を受けに来た人が、履歴書を手書きではなく、


パソコンでプリントした履歴書を提出していることを面接官が指摘したそうです。


「どうしてあなたは履歴書を手書きで書いて来なかったのですか?」と質問すると、


「時間と手間が無駄だからです」と答えたそうです。


続けてその方はこうも言いました。


「もしその事が評価対象になるのでしたら、私はこの会社にはふさわしくないと思います」と。


「人をその程度で評価されるのでしたら、私には必要ありません」と。


その方はその面接に合格したらしく、やはり仕事が出来るみたいです(^-^;


人を見た目や情報で判断しようとする事は、余計な固定概念を植え付けてしまい、


余計な思い込みによって、その人自身の判断能力まで鈍らせてしまうのではないでしょうか?


この人はこういう経歴があるだとか、こういった噂がたっているとか。。。


そう言ったことで本質を見れなくなるなら、そんなものは必要ない。


子育てでも同じだと思うのです。


林先生が言われるように、生きる力が半端ない頭のいい子供って、


だから横綱相撲が取れるということなんだろうなと納得しました。


なかなかそういう生き方は誰もが出来る訳ではないし、出来なくても問題はありませんが、


いざ子供に関しては、なるべく親の介入がない方が、その子供の能力を


最大限に引き出せる確率が高くなるように思います。


親が子供のためにできることなんてほとんどないんだ。


あるとしたら、見守ってあげるぐらいではないでしょうか。


親が、子供から大切なこと、忘れてはならないことを


子供から教わるために、子供を授かるんだという、謙虚(感謝)な気持ちを私達大人は、


一生忘れず、持ち続けなくてはならないのではないでしょうか。


その気持ちを持ち続けることが、自身の幸せに繋がるのではないでしょうか。


社会も家族も規模は違いますが、同じような悩みを抱えているんだと、


今回大ヒットしたドラマ「半沢直樹」を見ながらそう感じました(^0^;)


最後に一言。


私は夢や目標を持つことをダメだと言っているのではありません。


自信がないことがダメだと言いたいのではありません。


そういった事の裏には、そのような弱さが隠されている事を、


その自身の弱さを知ることが大切なんだということを伝えたくて、


今回の内容を書こうと決めました。


試練や辛さ葛藤や病気などには、弱さを自覚させる意味があるように感じます。


人が死にたくないと本能的に思うのと同じで、自分は弱い人間、自信がないんだと、


明確に自覚することで、本能的に勝手に修正しようとしてくれます。
(勝手にという所がポイントで、そこを良くしたいと意識するものでは無く、むしろ意識してはいけないです)

結果、自分が変わり、家族が変わり、社会が、世の中が、正しい方向に


流れ出すのではないか。そう思うのです。


人間は未熟な動物です。だから頼ったり、助けを求めたり、納得させたり、自分を守ろうとします。


でもそのことを知っていて、人に頼るのとそうでないのでは、大きく意味が違ってきます。


その事を知っているからこそ、人に対して「ありがとう」や「ごめんなさい」が


素直な気持ちとなって、言葉に出てくるのではないでしょうか。


そういう気持ちがあれば、親が悪い、上司が悪い、世の中が悪い、学校教育が悪いなど、


そう簡単に人のせいには出来ないようにも感じます。


またまた長々と書いてしまい、申し訳ございませんでした。


今回このような文章を書きながら、自身を反省し見つめ直すきっかけとなりました。


ドラマ「半沢直樹」が流行るってことは、世の中全体が自信を無くしつつあることを表しています。


同時にこのドラマで勇気ずけられている私って、まだまだあまちゃんだなぁーっと感じた一週間でした(^_^;


最後までソフバラメルマガをお読み下さいまして、心から感謝いたします。


ありがとうございましたm(_ _)m


当院のHPです!
http://www.soft-balance.com/

口コミ情報(エキテン)
http://www.ekiten.jp/shop_278360/

口コミ情報(ビットストリート)
http://www.bit-st.jp/favor/view.cgi?num=03483&code=MD_HL_0#1138179744

当院のブログ!
http://soft-balance.at.webry.info/

アメーバブログ
http://ameblo.jp/d-k-soft-balance/

twitterをはじめました!
http://twitter.com/soft_balance

体の悩みなどの無料相談始めました
http://www.soft-balance.com/autores/form5.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック