体の言い分2

いつもメルマガブログを読んで下さいまして、ありがとうございます。


今回のメルマガは三つとも、続きものの内容となっております。


本日より3日間連続でのメルマガ更新をご迷惑を承知で送らせて頂きます。


お許し下さいm(_ _)m


今回の内容は、一人でも多くの方に見て頂きたい内容となっております。


私自身、この内容をお伝えすべきかどうかを、昨日の今日まで迷いました。


しかし勇気をもって書かせて頂きましたので、是非読んでいただければうれしいです。


何かお役に立てれば幸いです。


さて、本日のメルマガは「体の言い分2」です。


前回の「体の言い分」の続きと言いますか、進化版といいますか(^_^;


前回のを見ていない方はこちらへアクセスしてみて下さいね↓↓↓↓↓


体の言い分 http://soft-balance.at.webry.info/201301/article_3.html


早速始める前に、説明をしておきます。


「」のなかの文章が体が言っている言葉です。


()の中の文章は私自身が言っている言葉です。


このお話は、私の心の中で実際起こった、頭の中での出来事です。


体とのコミュニケーションの一端をお見せしますね。


ちょっとお恥ずかしい内容にもなっておりますが、会話の内容をそっくりそのままお伝えしています(*^_^*)


では物語の始まりです。



「おい」 「おい」


(何やらどこかで見覚えのある声が聞こえる)


「お主、なぜここにおるのじゃ」


(何のことですか?)


「もともとお主はここにいる人ではなかろうが」


(意味がわかりませんが)


「ここは超潜在の人が住む場所でであって、お主は潜在意識に住む人じゃろう」


「なぜここにおるのじゃ」


(よくわかりませんが、先日声が聞こえたのです)


(お前はそのままでいいんだ。そのまま突っ走れと)


「それは私が言ったんじゃ」


(え?)(それにつらせて来てみたら、ここにたどり着いたんです)


「なるほど、お主がねぇ~」


(何のことか説明して頂けますか?)


「わしの名前はソフトン教授じゃ」


「超潜在のまた更に深い場所に住む、神聖という所に住んでおるのじゃが」


「500年ぶりに用事があって、超潜在まで下りてきたのじゃ」


「するといるはずの無いお主がおるからびっくりして声をかけたのじゃ」


「人には顕在意識→潜在意識→超潜在→神聖と言ったように、深く行けば行くほど住む場所が変わってくる」


「お前は潜在意識に住んでおる住人が、何故ここに」


(ある日、声が聞こえる方向に進んでいったら、ここにたどり着いたのです)


(さっき言いましたけど)


「そうじゃったな」


「顕在意識とは普段意識することのできる意識で、潜在意識とは普段意識することのできない意識(無意識)じゅ」


「顕在意識は欲や理性や経験、知識といった雑念が多く、純度でいうとあまり質はよくない」


「潜在意識は、顕在意識より純度が高いが、数が多すぎて、その中には純度の悪いのも多く含まれとる」


「超潜在はクリーンでとても純度が高く、透き通っておる場所じゃ」


「誰もがここにはたどり着ける場所ではないぞ」


「ほんとに純粋な心を持ち合わせておらんとな」


「そうそう、子供の多くは初めはここに住んでおるがな」


「だが、どんどん下界に引きずり混まれていくがな」


(それはなぜですか?)


「大人の責任じゃ」


「大人の固定概念や常識やエゴや見栄や欲や訳のわからないプライドや礼儀などなど、


大人が決めた歯車に乗せるからじゃ」


「かわいそうにの-」


(ソフトン教授。私はどうしたらよろしいのですか?)


「その事はお主がよう解っておるじゃろ」


「もっと感覚的思考を磨きたいんじゃろ」


「そのためにこの超潜在に来たのじゃろ」


(そうなんです。なぜそれを?)


「わしを誰じゃとおもうのじゃ」


「神聖からきたソフトン教授じゃぞ」「解らないわけなかろーが」


(確かに言われてみればそうですが)


(このソフトン教授って人、ちょっと怪しいなぁーっと思いました)


「お主は今、わしの事を怪しいと思っておるの」


「そんなくだらん事を考えておると、潜在意識はおろか、顕在意識まで落ちてしまうぞ」


「そうなれば二度とわしには会えんぞ」


「そうそう余談じゃがな、大人でも超潜在に住む人もおるんじゃぞ」


「極希なことじゃがな」


(だれですか?)


「特別に教えてやろう」


「鳥山 明、宮崎 駿、イチ・・・」


(もういいです。だいたい想像がつきます)


(でもなぜ私の知っている人しか出てこないんですか?)


「お主の潜在意識から話しかけておるからじゃ」


(さっき挙がった人全員、私が尊敬する人なんですが)


「だから出てくるのじゃ」


「お主が尊敬する人の多くに、超潜在に住んでおるってことだ。その意味わからんか」


(だから、鳥山 明はドラゴンボールを描けたのか。なるほど)


(ということは孫悟空は神聖に住むんだね)


「その通りじゃ」


「お主、言っておくが、尊敬している以上は、一生、超潜在には行くことはできないぞ」


(確かにそうかもしれません)


「かといって、無理にそうやって切り離そうとしても無理じゃぞ、意味が無いぞ」


「ところでお主は夫婦仲はあまり良くないみたいじゃな」


「子供とは仲よさそうじゃが」


(えっ)


「全て見えておるぞ」


「そりゃ、お主は超潜在を目指しておるのじゃから、難しくなるのも解らなくもないがな」


(この人に嘘は付けそうにないなぁー)


「当たり前じゃ」「まだそんなことを思っておるのか」


「言っておくが、今話をしている内容を、人に言ってはならぬぞ」


(えっ)(先々週、よく似た内容をブログで紹介してしまいました)


「何?」「それだと大分世間から引かれておるじゃろ」「変人扱いされておるじゃろ」


(はい察する通りです)


「しょうがない。言ってしまったものは」


「それがあったから、今こうしてお主と話をしていられるのかもしれないしな」


(ありがとうございます)(そういってもらえると嬉しいです)(実はちょっと不安になっていたんです)


そんな話を体としながら、いろんな相談は続きました。


(実は最近、また一つ声が聞こえ始めたのですが)


「知っておるぞ、わしが発しておるのじゃからな」


「待て待て、このまま続けるといつまで経っても終わらぬぞ」


「この続きは次回にしようじゃないか」


「もう疲れた。わしは寝るぞ」


何かどこかで聞いたことのあるような、フレーズですね(^_^;


と言うことで、体の言い分2は次回に致しますね(*^_^*)


最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。


この続きは、明日に再度送らせて頂きます。


当院のHPです!
http://www.soft-balance.com/

口コミ情報(エキテン)
http://www.ekiten.jp/shop_278360/

口コミ情報(ビットストリート)
http://www.bit-st.jp/favor/view.cgi?num=03483&code=MD_HL_0#1138179744

当院のブログ!
http://soft-balance.at.webry.info/

アメーバブログ
http://ameblo.jp/d-k-soft-balance/

twitterをはじめました!
http://twitter.com/soft_balance

体の悩みなどの無料相談始めました
http://www.soft-balance.com/autores/form5.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック