体の言い分2(続編)

前回の体の言い分2の続きです。


(ソフトン教授)(ソフトン教授)


「なんじゃうるさいのー」


(昨日の続きです)


「そうじゃったな」


「今お前は一歩踏み出そうとしておるの」


(あなたがそうしろって言ってるんでしょ)


「そうじゃった」


(今私は今後のことを考えています)


(実は私、文章をもっと書きたいんです)


(もっと言葉で伝えたいんです)


(そして思いっきりかける場所で、チャレンジも含めて大きくステップしようと思っています)


「でもそれには勇気が無いのと時間がないんのじゃな」


(あ。はい)(何かアドバイスを下さいませんか?)


「要するにに両方無い無いずくめってことじゃな」


「まず勇気がないと言うことじゃが、チャレンジする勇気は、あり過ぎるより、少しないほうがうまく行く」


「勇気はなくても声が聞こえたんじゃろ。それが答えじゃ」


「今度は時間じゃな。時間は自分で作るしかない」


(どうやって作るんですか?)


「今お前は週休1日制で仕事やっているじゃろ」


「そこをなんとかせー」


(それって週休2日制にしろって事ですか?)


「そうな感じじゃな」


(週休2日制にしたら、売上が落ちて生活できません)


「とにかくやってみろ。声が聞こえたんじゃろ」


「その声は誰でも何時でも聞こえる訳じゃないんじゃぞ」


「聞こえたと言うことはラッキーなことじゃ」


「超潜在からの声じゃぞ」


(でも…)


「お主は文章もっと書きたいのじゃろ」


(はい)


「だったらそうするしかないじゃろが」


「…よ~しわかった、特別にアドバイスを一つやろう」


(何ですか?)


「今お主がやっておるメルマガとやらを会員制にして有料にするのじゃ」


(え?)


「もっとのびのびと思いっきり文章を書きたいのじゃろ」


(なんでも解るんですね。私のこと)


「当たり前じゃと言っておるじゃろが」


(でもそんなに私には文章力ないし、そんな勇気ありません)


「文章力が無いのはよ~解っとる」


「お前は言葉を知らな過ぎじゃ」


「でもお前にしか書けないものにしたらえぇんじゃ」


「そこにお前の可能性を感じるぞ」


「勇気がない方が崖っぷちに立てる。保険のない状態じゃ」


「少しでも油断したら下に転落じゃ」


「そういう状態の方が必死になるんじゃ」


「そこがお主の良いところじゃ」


「無鉄砲で無邪気でバカ正直で不安定で、計算ができなくて、知識のないところがな」


(褒められているのか、貶されているのか)


「もちろん褒めておるぞ」


「文章力は無いが、最近のお主のメルマガとやらを拝見しているが、


ちょっとずつじゃが良くなってきておるぞ」


「なかなかそういう生き方は出来んのじゃ」「普通はな」


「だからお前の奥さんも三行半をお前に突きつけるのじゃな」


(それは言わないで下さいよ~)


(自分なりにショックなんですから)


「悪かった悪かった」


「まあお前が一番解っとるじゃろ。三行半を突きつけられて当然だと」


(はい。その通りです)


「それにしてもお前の娘とは、不思議なくらい仲えぇーのー」


(お陰様です)


「まあお前と娘は良く似ておる」「当然といえば当然じゃがな」


「でもお主は、今こうして三行半つけられたことで、大切な時間を過ごしておるじゃないか」


「自分を見つめ直す時間を」


「もしこれがお主の奥さんの優しさだとしたら、どうじゃ?」


(えっ…)


(そんな優しさって、本当にあり得るんですか?)


「お前はまだ未熟者じゃ」


「体だったらあり得ることはわかるじゃろ」


(はい)


「なぜ、体と人を別に考えるのじゃ」


「どっちも同じじゃろが」


「最近その事に気づき始めたと言っておったじゃろが」


「まだまだ超潜在にはほど遠いの~お主は」


「いずれ解るときが来るじゃろー」


(ある意味、先々週とは別の意味で、打ちひしがれた一週間となりました)


「人と違う生き方はそれなりにしんどいぞ。簡単では無いぞ。誰のせいにもできないからな」


「お主が思うようにやってみろ」


(ソフトン教授は何でも私のことを知っているのですね)


「当たり前じゃ。わしを誰じゃと思っておるのじゃ。わしは・・・」


(神聖から来たソフトン教授なんですよね。知ってます)


「ならよい」


今回の会話内容は、自分自身と体との会話を紹介させて頂きました。


最後に一言。


前々回のメールをお読み下さった患者様から、色々と励ましのご意見を頂きました。


今回の内容を見て、院長 大丈夫?とか


思考がどんどん深み(独りよがり)にはまってきてしまってますよ


とか、いろいろアドバイスを頂きました。ありがとうございました。心より感謝致します。


でも私は、前々回、今回のメルマガでも紹介させて頂いた通り、


沢山の人に支えられ、生かされていること。


今回、改めて強く感じることができました。


だからこそ、安心して羽ばたこうと思えるのです。


今はそういう深みの方向に進んでいても、安心して下さい。


私は一人ではないので、自由にどんな方向に行っても大丈夫だと思えました。


またいつ何時、打ちひしがれることがあっても、


冷静に客観的に自分を見守って頂ける人が沢山いるので。


これからも色々なご意見、ご感想、気づいたことなどございましたら、


アドバイス頂けるとうれしいです(*^_^*)


追伸→メルマガ有料化の内容や週休二日制にする内容がが書かれていましたが


それは今すぐやる訳でもありませんので、ご心配なく。


おそらく全員が反対されることは十分承知です。


自分も今は考えられませんが、ソフトン教授が言いたかった事は、


そのようになれるぐらいの文章力と内容、そして人間性を身につけなさい、と言われた気がしました。


これからも皆様のお力をおかりして、思ったことをそのまま書き続けることで、


何かまた声が聞こえる時がくるような気がしました。


今後とも、ソフトバランスはり灸整体院を、どうぞ宜しくお願い致します。


いつも最後までお読み下さいまして、ありがとうございました。感謝致します(m_m)


明日の三夜連続メルマガの最終日は「私が過去に病気をした理由」です。


お楽しみに。


当院のHPです!
http://www.soft-balance.com/

口コミ情報(エキテン)
http://www.ekiten.jp/shop_278360/

口コミ情報(ビットストリート)
http://www.bit-st.jp/favor/view.cgi?num=03483&code=MD_HL_0#1138179744

当院のブログ!
http://soft-balance.at.webry.info/

アメーバブログ
http://ameblo.jp/d-k-soft-balance/

twitterをはじめました!
http://twitter.com/soft_balance

体の悩みなどの無料相談始めました
http://www.soft-balance.com/autores/form5.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック