答えは簡単、諦めないこと

「答えは簡単、諦めないこと」


諦めないでいるためには、コツがある。


自分を認めること。そして、楽しむことを心がける。


自分の良いところと弱いところを知る努力をする事を忘れない。


それをしっかり認める事。


どんな状況でも、今日という日は二度と来ない訳で、


全ての出来事、出会いに感謝し、楽しむという気持ちを忘れず、楽しもうと努力する心がけ。


楽しむためには、自分を知っていなければ、いらないプライドが邪魔をする。


だから、自分を認め、どこまでその瞬間を大切に、全力でさらけ出せるかが、楽しむ秘訣。


そうなれれば、諦めない気持ちが芽生えるはず。


諦めなければ、確実に前に進むことが出来る。


進む事は生きる実感を感じられる。


実感があれば、自分は一人では生きていない事に気がつく。


人の温もりに触れ、自然や生きてる不思議さを知る。


そうやって繋がって人は生きているのだ。


生きてる実感、幸せの実感は、


そうやって諦めないことで実感できる。


決して食べる事だけではないということ。


食べることを生きる実感、幸せの実感として、


なくてはならない存在になっている人が多くいる。


食べることをそういった目的の道具に使うと、


他を探そうとしなくなる。


食による手っ取り早さが、


簡単に生きてる実感、幸せの実感を味わう事が出来るから。


70歳代の多くにそういった食を生きる糧としている人が多くいる。


その年齢の人に「食事を少し控えてくださいね」と言おうものなら、


すかさずこう返答がくる。


「食事を制限されて、今後私は何を生き甲斐に生きていけばいいの」と。


「健康になりたいのなら、そうするしかありません」


「あなたは健康になりたくてここに来たのではないのですか?」


「だったら体が一番嫌がる食事を、減らしていかないと」


「私があなたに出来る事は、極僅かです」


「結局はあなた自身がよくなりたいと思う気持ち次第ですので」


「だからその方法をお伝えしているのです」


っと言いたいのですが、なかなかこのような言い方はしませんよ(^_^;)


もっと言い方を考えたりします。


どうやったら、納得して貰えるか。


本来の生き甲斐と言うものを見つける。


食を減らしても、生きる実感、幸せの実感を味わえる方法を、


一緒に考えます。


その人にあった言い方、タイミングを探しつつ、


生きる喜びを共有出来るようにする方法を。


これも一つの優しさなのかもしれません。


回り道してでも、ゴールに近づければ、


体が喜ぶ方向を探りながら、


進んで行ければ良いのではと、最近思います。


今日はこの辺で。


いつも最後までお読みくださいまして、ありがとうございます。


当院のHPです!
http://www.soft-balance.com/

口コミ情報(エキテン)
http://www.ekiten.jp/shop_278360/

口コミ情報(ビットストリート)
http://www.bit-st.jp/favor/view.cgi?num=03483&code=MD_HL_0#1138179744

院長ブログ!
http://soft-balance.at.webry.info/

アメーバブログ!
http://ameblo.jp/d-k-soft-balance/

twitter!
http://twitter.com/soft_balance/

体と心の悩み無料相談始めました
http://www.soft-balance.com/autores/form5.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック