年末年始のと定休日の変更&ブログ「美容と健康」

初めに年末年始のお休みと定休日の変更のお知らせがございます。

 
年末年始のお休みは、12月29日(月)~1月5日(月)となります。


なお、来年1月(2015年)より、定休日を変更致します。


来年1月より、今まで通りの月曜日、祝祭日の定休と併せて、第一、第三、第五日曜日も定休日とさせて頂きます。


第二、第四日曜日は、通常通りの営業となりますので、ご確認お願い致します。


皆様にはご迷惑をお掛け致しますが、宜しく願い致します。


さて、今日のブログは、「美容と健康」ですが、


美容と健康に欠かせないのが「食」ですので、これについてお話しさせて頂きます。



「条件反射を使って満腹中枢を刺激して食欲をコントロールする方法」



食欲を抑える何か方法があればいいのに。


そんな事を考えているのですが、


なかなか効果的な方法が見当たらない。


少し考え方を変えてもう一度考えてみると、


「思い込み」の作用について考えが向き始めた。


耳つぼダイエットの効果は、人によって効果は様々。


耳つぼダイエットの効果を他で例えると、


ストレスで例える事ができます。


ストレスは、自身の状況によって、


酷く心に重く堪える時もあれば、


そこまで影響がない時もあります。


それは人によっても、同一人物であってもそうですが、


施術をしていて同じ人にも関わらず、症状がすんなりと良くなる時もあれば、


上手くいかない時もあります。


耳つぼの効果も同じように、効果はまちまちです。


ではなぜ人や状況によって効果がまちまちなのでしょうか?


それは、ここのツボを押すから効果があるとか、


刺激するからダイエットの効果が出るといった理由ではなくて、


条件反射(思い込み)が作用しているのではないだろうか。


そう、効果があるかないかは、施術者側が関わっているのではなく、


受ける側によって、ストレスの受け方も同様に、効果にも差が起こるのではないか。


そう考え始めたのです。


どういうことかと言いますと、


この先生は評判がいいとか、流行ってるとか、良くなる気がするとか、


紹介してくれた人が信用できるから、多分いい先生だろうなどなど、


施術者はその思い込みを巧みに利用して、


効果を発揮させているのではないか。


信じる者は救われると言いますが、


施術者の技術というのは、そこにあるのかもしれません。


患者様の条件反射を利用し、効果があると信じて貰うと言った部分。


薬のプラシーボ効果にもあるように、この薬で治ると思えば、


例えそれがただのラムネでも、同等の効果を発揮してしまう。


やっぱり体を良くするのも、ストレスを軽減するのも、自分でしかないのです。


しかし、施術者側にも大切な役割があるような気がします。


そこで、今日のタイトルでもありますように、


「条件反射を使って満腹中枢を刺激して食欲をコントロールする方法」です。


体を健康にする唯一の方法は、


前回のブログでも書かせて頂きましたが、


如何に食べない、飲まない時間を長く作れるかにかかっています。


単純に、三食キッチリ食べる人より、


二食や一食しか食べない人の方が、


体は健康の人が多く見受けます。


更に大切な事は、その食べない時間帯は、


一切飲むこともしない事が、体にとって最も大切と、


前回お話しさせて頂きました。


この事が、体を回復へと向かわせる、唯一の方法と私は考えています。


そこで、満腹中枢を刺激する方法がないかと、以前から考えていました。


皆さんは「パブロフの犬」の実験をご存じでしょうか?


これは生理学者イワン・パブロフが偶然発見した、


動物において、訓練や経験によって後天的に獲得される反射行動のこと。


内外の刺激に対して、神経系を通しておこる生活体の反応を、反射と呼びます。


通常反射と呼ばれるのは無条件反射であり、これはその種が先天的に持っている反射行動です。


これに対し、経験などで後天的に獲得された反射行動が条件反射といいます。


例えば、条件反射では梅干を見ると、つばが出てくる反射があります。


無条件反射は、熱いものに触れたときに手を引っ込めるとか、


転びそうになった時、手を差し出すなどがあります。


ここでパブロフが行なった実験は、以下のようなものであります。



①イヌにメトロノーム(ベル・ホイッスル・手拍子・足踏みと言う説もある)を聞かせる。


②イヌにえさを与える。イヌはえさを食べながらつばを出す。


③これを繰り返す。(上記の二つのプロセスを条件付けという)


④すると、イヌはメトロノームの音を聞いただけで、唾液を出すようになる。

※これは条件反射と無条件反射による反射と言えるでしょう。


今から説明させて頂きます、「条件反射を使って満腹中枢を刺激して食欲をコントロールする方法」とは、


この作用を利用して行う方法です。


鍼灸治療で行う耳ツボを使った、条件反射法が良いと思いますので、


今日はその方法を利用して、


食事の制限を行うやり方をご紹介させて頂きます。


やり方はすごく簡単です。


ブログに添付画像の耳ツボの画像に「神門(しんもん)」のツボを、


空腹感を感じた時に押す(一分程度、圧をかける感じ)。


これだけです。


ここで注意が必要です。


食事を食べる時は押さないで下さい。


先程の「パブロフの犬」の説明でもあるように、


食べない時だけ押す事で、


脳に記憶させて、条件反射を利用して、


押すと食べないという仕組みを脳に植え付けます。


すると、徐々にですが、空腹感を感じた時だけ押すのが、


習慣化していくと、さっきまでお腹が空いていたのが嘘みたいに、


空腹感が取れていくのが分かるようになっていきます。


直ぐには条件反射は身につきませんが、


徐々に効果が出てきますので、続けてやってみて下さい。


このような方法を習慣付けをしていくと、


押すだけで満腹中枢が刺激され、


食べたい衝動が抑えられるようになっていきます。


信じる者は救われます。


この方法を利用しながら、徐々に三食が二食、二食が一食になっていくと、


体はとても喜ぶし、以前より何も食べない時間を、この方法によって、


やり易くなっていくと思いますので、是非試して見てくださいね。


もちろん体が調子よくなるだけではなくて、


ダイエット効果がありますので、


美容と健康にとてもおすすめです。


最後に一言。


「日々強くなる努力をしないで、おまえは何しに生まれてきたのじゃ。


ただ生きていれば良いなんて、誰が言ったのじゃ。ワシは言っとらんぞ。


強くなって、人のため、世のために貢献しないで、何しに来たのじゃ。


自分のためにこの世に生まれてきたのではないぞ。


日々精進しろよ」


この言葉は、体が私に伝えてきたメッセージです。


これからもこの言葉に恥じぬよう、精進していこうと思っています。


今日はこの辺で。


いつも最後までお読み下さいまして、ありがとうございます。



下記のURLをクリックすると、耳ツボの画像が見れます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓  ※下記の画像の「神門」と書かれた場所です。

http://ryuzou.com/img/560/mimitsubo.gif



当院のHPです!
http://www.soft-balance.com/

口コミ情報(エキテン)
http://www.ekiten.jp/shop_278360/

口コミ情報(ビットストリート)
http://www.bit-st.jp/favor/view.cgi?num=03483&code=MD_HL_0#1138179744

院長ブログ!
http://soft-balance.at.webry.info/

アメーバブログ!
http://ameblo.jp/d-k-soft-balance/

twitter!
http://twitter.com/soft_balance/

体と心の悩み無料相談始めました
http://www.soft-balance.com/autores/form5.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック