頑張り方は人それぞれ違う

やっぱり高尾山でしたか、しかし。

高尾山程の低い山を、この三ヶ月間死に物狂いで登りきった。

登りきったはいいけれど、イメージしていた景色とは随分と違っていた。

空は晴れ渡り、爽快感と満足感に浸りながら、

遠くに見える次の山を見ながら、新たなステージへと進む。

そんなイメージを膨らませていました。

しかし、イメージとは全くの逆でした。

登りきって素直に思ったことは、

「ここ本当に頂上なの?」です(^_^;)

登りきって、しばらくたって気がついたのですが、

頂上に登りきる事が意味があるのではなく、

登る過程が大切だったんだと。

次から次へと困難が立ちはだかる、それに向き合いながら、

迷いながら最善の方法を考え進む過程が。

今年の9月16日に何となくblogを一時止めることを思いつき、

blogという扉を閉めた翌日に、

今回の出来事の扉が開きました。

初めはここまで険しい道のりとは思っても見ませんでした。

人生で最大の困難を経験しました。

何となくこの山を登ろうと思いつき、登り始めてしばらくして、

これはどえらい山を登り始めてしまった事に気がつきました。

それに気がついて引き返す事を検討し始めた頃から、

先日blogで更新させて頂いた、「私の10年計画」の思いが頭をよぎったのです。

その思いがよぎって、再び登り始める決意に至り、

登り始めたのはいいのですが、

困難と絶望感の連続で、何やっても上手くいかず、

何度も諦めようとしました。

しかし、10年計画の実現には避けては通れないという思いもあり、

試行錯誤をしながら進んでいました。

ところが先日のblog「この道を避けては通れない」でも書きましたが、

完全敗北を経験をし、引き返そうにも引き返す気力も余力も精神力も残されていない事に気がつきました。

その時初めて、この道を突破するしか私には残されていないことを悟りました。

それまでは自分なりに、失敗した理由や誤魔化しのきく失敗と言い訳ができる範囲の失敗でしたが、

完全敗北を経験し、全ては自分の未熟さが引き起こした完全敗北だと自覚が出来たことで、

雑念が消え、真正面からその事に真剣に取り組みざる終えなくなりました。

その雑念が消えた事で、山の霧が消えはじめ、

山の頂上付近がうっすら見え始めたのです。

それまでは、この道であっているのか、このまま進んでも大丈夫なのかと不安と恐ろしさでいっぱいでした。

頂上付近が見えたことで、間違っていなかった事と、

目標が定まった事で、気が引き締まり、

力が涌き出てくるのを感じました。

大人が高尾山を登るのぐらい別けないかもしれません。

でも、5才の子供が何も分からないまま初めて登ったとしたらどうだろうか。

大切な事は山の高さではなく、歩む過程や出来事でどう感じたかが大切なんだと、

身に染みて感じることが出来ました。

戦いはこれからも続きますが、

私にとってこの山が大きな大きな一歩となることは間違いありません。

登りきって、やっぱり高尾山だったんだと自覚できたことで、

嬉しさが込み上げてきたのは、

なんとも言えないほど不思議な気分でした。

そう、大きな事も小さな一歩からだからです。

今私の目には、高尾山以上の山がそびえているのがはっきり見えます。

よし、次の山を登ってやるぞ。待ってろよ♪

この山を登って気がついたことがあります。

それは、傾聴する事。待つ事。諦めない事。

他にも気づかされた事は沢山ありますが、

特に一番辛かった時に気づいたのが、この三つです。

相手にアドバイスをするのではなく、耳を傾けること。

話を聴くことで幸せになる事を知りました。

言葉には言霊とか権化(ごんげ)といった不思議な力があり、

傾聴することは、色々な事を教わります。

そして信じて待つ事。

待つ事は辛抱することとは少し意味が違う気がします。

ワクワク感の要素が含まれているのが、

待つということになるのかもしれません。

品物を買って、家に届くのを待つ。

告白をして、返事を待つ。

受験で合格発表を待つ。

施術をして、回復を待つ。

辛抱とはちょっと意味が違いますよね。

少しだけ希望が、辛抱より多く含まれている気がしませんか。

確かに辛抱という要素も含まれていますが、

私は辛抱という言葉は使いたくありません。

待つという言葉が、今の私にはしっくりくる。

その待つという時間が、

とても大切なように感じました。

その待っている時に色々な事を考えますよね。

期待と不安が入り乱れますし、自分を見つめる時間となります。

待つ事はただ止まっている訳ではなく、

タイミングを待つという意味にもなります。

最後に、諦めない事。

これはblogでも書いたことはありますが、

今回その事の大切さを知りました。

絶望感のその先にしか、生きるヒントはない。

だから諦めてはいけないんだということを。

最後に一言。

「自分の戦える場所、勝てる場所を探し求めて」

最後に今回の本題について書かせて頂きます。

私にとっての戦える場所、勝てる場所とは、

オリジナリティを大切にしつつ、プロフェッショナルを極めた施術法。

オリジナリティとはわがままに生きることではありません。

プロフェッショナルとは頑固に生きることでもありません。

誰にも真似が出来ない、体とのコミュニケーションを取る施術の追求こそが、

私の生きる場所だと。

動物は常に生きるか死ぬかの戦いで生きています。

だから、100%全力を出し切れる場所でしか生きれない。

故に、その場所を探し求めながら、その場所にたどり着けたものだけが生き残ることを許される。

当然ながら動物は、団体行動、即ち周りに合わすことや順応することを意識したり、考えて生きてはいない。

何を言いたいかというと、人の目を気にしたり、人に嫌われないように、目立たないようにを、

意識して生きている段階は、全力を出し切れる場所には立てないということ。

周りに順応することや合わすことを意識しないで、それらが行える状態でいなければならないと思います。

そう、空気のような無意識で人に合わすことが出来る段階。

動物が自分の命を守る為に、団体行動を意識して行動をしているのでは無く、

本能で行えている訳で、意識ではない。

それを意識して生きている動物がいたとするならば、

生きる事は出来ないだろうと思うから。

人のことを感謝し始めている私がいます。

人のために生きたいと思う自分が芽生え始めています。

しかし、そう思っている段階は、まだまだ未完成。

人は一人では生きてはいけない事は当たり前で、

その事は遺伝子にも組み込まれています。

故に、生まれながらに人に合わす、人に気を使う、団体行動が出来る本能を身につけて生まれてくる。

笑顔も人間が持つ生きる術の一つなのかも知れません。

しかし、その事は本能であって、意識するものではなく、無意識でやっていることなのです。

相手に合わしたり、気を使う事が、ストレスと感じているうちは、

それはまだ意識して行っている段階で、

それは自然ではなく、まだ未熟なのだと気がつきました。

最後に年末のご挨拶。

皆様にとって、来年が良い年でありますように。

良い年というのは、平穏な年だけが良い年ではありません。

今はその逆もそういった年以上の価値がある。

そう思えるようになりました。

かといって、辛い事を良しとはしたくはない。

常に幸せな生き方とはと、追い求めていたいと思う、今日この頃です。

これからも皆様のご健康とご多幸をお祈りいたしまして、

本年最後のblogとさせて頂きます。

来年も皆様に助けて頂きながら、そして施術の中で生まれる奇跡を感じながら、

これからも精進して参りますので、

これからも、ソフトバランスはり灸整体院を宜しくお願い致します。

来年も仕事にblogに婚活に、婚活は余計でしたね(^_^;)

色々チャレンジしていきますので、

気づいたことを素直にblogに書いていくつもりでいますので、

どうぞ宜しくお願い致します。

一年間blogの視聴も含め、全てに感謝致します。

このblogが何かのきっかけになれれば幸いです。

一年間、本当にありがとうございました。

今日はこの辺で。

いつも最後までお読みくださいまして、ありがとうございます。


最後に今日の気分♪お時間ございましたらどうぞ(^o^)v

(歌) Yui   (曲) Daydreamer

http://youtu.be/3SQGiaTkDSo


当院のHPです!
http://www.soft-balance.com/

口コミ情報(エキテン)
http://www.ekiten.jp/shop_278360/

口コミ情報(ビットストリート)
http://www.bit-st.jp/favor/view.cgi?num=03483&code=MD_HL_0#1138179744

院長ブログ!
http://soft-balance.at.webry.info/

アメーバブログ!
http://ameblo.jp/d-k-soft-balance/

twitter!
http://twitter.com/soft_balance/

体と心の悩み無料相談始めました
http://www.soft-balance.com/autores/form5.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック