癌こそ癌だからこそ、人に頼っていては治らない病気

癌こそ癌だからこそ、人に頼っていては治らない病気。

この一文につきますが、癌という病気は、

なぜ癌になったのか、なぜ体が癌にさせたのか、

そこに、心の底から気づかないと治らない病気です。

だからこそ本気で何が原因なのか、

何がよくなかったのか?

を誰にも頼れない、頼らないで、

一人でもがき苦しんだ先に、

その理由が落ちている。

全ての情報やアドバイスをシャットアウトした先の、

体の叫びを聞くには、それぐらいの繊細さが必要。

一切の知識を排除した先にしか、答えがないのだから。

決して慰めの言葉なんて貰ってはいけない。

言って貰って癒されている場合ではありません。

同情されるぐらいの言葉の方が効果がある。

なんて可哀想な人なの?

あなたがいなくなれば、私はうれしい。

自由よって言われるぐらいが。

そんな言葉を発してくれる優しい人が近くにいたら、

そもそも病気なんてしないけれど。

そう、あなたは冷たい人、人を羨む人、嫉妬する人。

その事に気づけたら、きっと病気は治る。

あなたは最低な人間だということ。

だから体はその事に気づかせて、

新しい人生の始まりのために、

この病気を授けてくれた。

命の大切さに気づかせようと。

人の優しさに気づける人になるために。

病気になることは、決して運が悪かった訳ではありません。

全てはあなた自身のために、

自ら引き寄せた定めだから。

誰のせいにもできない。してはならない。

もちろんストレスや遺伝や過労や加齢のせいにもしてはならない。

していては、決して答えなんか教えてはくれない。

癌患者に人がやれることといえば、

慰めではない優しい言葉を投げ掛ける事ぐらい。

その言葉は一見、傷つくような言葉にも聞こえるかもしれない。

でもその言葉こそ大切な優しい言葉。

なかなか言える言葉ではありません。

心から優しい人でなくては。

あなたは体が癌にさせないと気づかないと判断されたのです。

それなのにその意味に気づかないで、人に助けを求めようとする。

人から慰めの言葉を貰っては、泣きじゃくる。

なんて不幸なんだ私はと。

なんて無責任で、侮辱行為なんだ。

体の気持ちなんて微塵も分からないくせに。

そうやっていつまでも悲劇のヒロインを演じていればいいじゃないか。

あなたは悪くないよ。病気が悪いだけだからって慰めて貰っていれば。

最後に一言。

私は私自身が癌になる理由も、癌にならない理由も分かります。

だからといって癌にはなりたくはありません。

癌になる資格もありません。

癌になる資格はいつになれば貰えるのだろう。

癌という病気は、生易しいものではありません。

生半可な気持ちで治る病気でもありません。

癌を治せた先には、人は心が表れるような気持ちになり、

今までの人生では感じる事のできない感動が、

これからの人生には待っていることでしょう。

それぐらい死を目の前にすることは、

誰しも立たせてくれる場所ではないからです。

僕にはそんな資格がないから。

だから羨ましくも思う時もあります。

僕も癌になってみたいと。

このブログを癌の人が読んでどう思うのか分かりません。

ただ、これだけは言いたい。

悪気はありません。

癌を悲観するものであってほしくはありません。

あなたは選ばれし人であり、

これからの人生のために、

あなたに伝えなくてはならないことが、

体はきっとあるから。

今日はこの辺で。

いつも最後までお読みくださいまして、ありがとうございます。

当院のHPです!
http://www.soft-balance.com/

口コミ情報(エキテン)
http://www.ekiten.jp/shop_278360/

口コミ情報(ビットストリート)
http://www.bit-st.jp/favor/view.cgi?num=03483&code=MD_HL_0#1138179744

院長ブログ!
http://soft-balance.at.webry.info/

アメーバブログ!
http://ameblo.jp/d-k-soft-balance/

twitter!
http://twitter.com/soft_balance/

体と心の悩み無料相談始めました
http://www.soft-balance.com/autores/form5.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック