症状

皆さんも経験あると思うのですが、

正座をして足をほどいた後に痺れるような痛みを。

この症状はなぜ起こるかご存じですか?

これは正座によって血液が遮断されていたものが、

ほどかれたことでいっきに足に血液が流れた事で起こる、

回復症状です。

頭痛にも同じ事が言えます。

普段から脳の血流量が低下している人が、

それでは良くないと体が判断して、

定期的に心臓の働きを活発にさせて、

脳への血流量を確保しようとした結果、

起こってしまうのが頭痛といった症状となってしまうのです。

体に起こる全ての症状には、そんな意味があります。

体が悪くなって症状が発生しているのではなくて、

悪くなった体を良くしている時に症状というのは出るように出来ています。

言い方を変えると、症状が出ているときは、

良くしようとしている最中ということになるわけです。

なのに症状を悪者扱いしてしまって、

痛みを取り除こうとする処置を行ってしまいがちです。

頭痛薬を服用したり湿布を貼ったり、患部を冷やしたりなど、

せっかく良くしようと炎症を広げて熱を発生させて、

回復させようしているのになって思います。

病気も同じように、体が悪くなるから病気になるのではなくて、

悪くなった体を良くしたくて、

ストレス補充の為に病気を発生させてくれています。

風邪による熱やだるさや咳などの症状にも、

同じ意味による回復反応と考えています。

基本的に症状には、体の痛みというストレスを与え、

それによってストレス補充を行い、

そのストレスによって、

回復反応を促す起爆剤となってくれています。

症状の全てに意味があるように、

心や体の傷にも全てに意味がある。

人生には無駄なことなど一つもないのだと、

この仕事を通じて教えてくれていたのかも知れません。

今日はこの辺で。

いつも最後までお読みくださいまして、ありがとうございます。


当院のHPです!
http://www.soft-balance.com/

口コミ情報(エキテン)
http://www.ekiten.jp/shop_278360/

口コミ情報(ビットストリート)
http://www.bit-st.jp/favor/view.cgi?num=03483&code=MD_HL_0#1138179744

院長ブログ!
http://soft-balance.at.webry.info/

アメーバブログ!
http://ameblo.jp/d-k-soft-balance/

twitter!
http://twitter.com/soft_balance/

体と心の悩み無料相談始めました
http://www.soft-balance.com/autores/form5.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック