ため息の数ほど幸せになれる

人がため息をつく時は、辛い時。

ため息をつけるという事は、辛いという事を自覚して、

そのことを認められているという証。

逆にため息をつけない人は、その状況を認めたくないとか、

自分の弱さを認められていない証。

ため息の数ほど幸せになれるという事は、

それだけ辛さをしっかりと受け止めらえていることと、

今の状況に満足せず、何とかしたいと思う気持ちの表れでもあると思います。

人は辛い時ほど力を発揮するように出来ています。

火事場のくそ力と良く言いますが、

その状況になっているから、ため息をつくのだと思います。

一般的にはため息はあまりいい印象とは思われていませんが、

堂々とため息を人前でつける人って、素直で純粋で、

自分の事を良く知っていて、自分に厳しくたくましい人が多いのも特徴です。

ため息は決してネガティブな思考ではなく、

むしろ、やるぞーっていう合図みたいなもののように感じています。

今日はこの辺で。

いつも最後までお読みくださいまして、ありがとうございます。


当院のHPです!
http://www.soft-balance.com/

口コミ情報(エキテン)
http://www.ekiten.jp/shop_278360/

口コミ情報(ビットストリート)
http://www.bit-st.jp/favor/view.cgi?num=03483&code=MD_HL_0#1138179744

院長ブログ!
http://soft-balance.at.webry.info/

アメーバブログ!
http://ameblo.jp/d-k-soft-balance/

twitter!
http://twitter.com/soft_balance/

体と心の悩み無料相談始めました
http://www.soft-balance.com/autores/form5.html



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック