幸せでいることが健康でいる秘訣

今まで僕は、健康であれば幸せになれる。

そう思ってこの仕事をしてきました。

でもそうではないのではないかと感じるようになっています。

本当は幸せでいることが健康でいる秘訣なのではないかと、

思うようになったからです。

それは公園で遊ぶ子供の姿を見ていて気づかされました。

遊び盛りの二人の男の子を、

わずか10分ほどの公園の滞在時間で、

ダダを捏ねることなく、

素直に母親の自転車に乗り込み、

帰っていく姿を見て驚きました。

僕が公園のベンチでぼーっとしていたら、

母親とその息子が乗った自転車が公園に入ってきました。

何となく母親から伝わってくる温もりに惹かれ、

子供の遊ぶ姿を見ていました。

三人が思いっきり愉しんでいる姿に気持ちが和まされました。

すると滑り台を何度か滑ったかと思うと、

自転車へと向かって帰っていった訳なんですが、

帰りに出口付近のベンチで食事をしていた工事作業員が、

自然に子供に手を降っているのが見えました。

どう育てたらそのような神業が出きるようになるのだろう。

子供がわがままを言ったりダダを捏ねるのは、

愛情不足を現す子供からのシグナルで、

愛情が行き届いていれば、子供は素直に育ち、

気がつけば親はこの子はなんて優しい子なんだろうと思うことが出来て、

もっと愛情を注ごうとするといったような好循環が起こるって事を、

以前心理学で学んだことを思い出しました。

愛情一杯に子供を育てていて、

それが子供にしっかり伝わっているから、

そのように素直な心が育つのだと感じました。

子供はいつだって親の味方、困らせたいなんて思っていないのに、

わがままを言ったりしてしまう。

親だって同じように子供を一生懸命に愛情を注いでいます。

でも思い通りにならないと感じる時も多々あると思います。

でもそうならないのは自分が幸せになれていないからなんだって、

そう思うようになりました。

健康にも幸せになろうとする努力を欠かさなければ、

健康でいられるんじゃないかって思い始めています。

僕に出来ることは健康にしようとすることではなくて、

人を幸せにするための工夫を一緒に考える事なんだと感じています。

最後に一言。

美味しいものを食べて得られる幸せには、

人が幸せに感じる出来事のトップ3には入らない。

いや、入らないような生き方を探り続けることが、

人が幸せに生きることができ健康への近道な気がします。

人間はそのように工夫して順応しながら、

幸せを見出だすことができる生き物だと思いたい。

それが出来るから、今もこうして繋ぎ続けられて来たと信じたい。

今日はこの辺で。

いつも最後までお読みくださいまして、ありがとうございます。


当院のHPです!
http://www.soft-balance.com/

口コミ情報(エキテン)
http://www.ekiten.jp/shop_278360/

口コミ情報(ビットストリート)
http://www.bit-st.jp/favor/view.cgi?num=03483&code=MD_HL_0#1138179744

院長ブログ!
http://soft-balance.at.webry.info/

アメーバブログ!
http://ameblo.jp/d-k-soft-balance/

twitter!
http://twitter.com/soft_balance/

体と心の悩み無料相談始めました
http://www.soft-balance.com/autores/form5.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック