目の下のえぐれるほどのクマ

20190901_131602.jpg
少し涼しくなり夕方に散歩をしていたら、
小学生が学校が終わり友達同士で駅に向かっていて面白い会話に心が和んだ。

ある二人のお友達同士の会話からこんな一言が。

「もうついてこないで」「もうあっち行って」

それに対して言われた側の返答がいい。

「ついて行かないと電車に乗れないんだけど」

っとぼそっと言っている小学生の会話が面白かった。

夏休み明けの小学生は今どういう気持ちなのだろう。

憂鬱なのか不安なのか、はたまた夢と希望で満ち溢れているのかは定かではありません。

そんな複雑な思いの詮索はこの辺にして、

今日は「目の下のえぐれるほどのクマ」についてですが、

いつからだろう、テレビを見なくなったのは。

女優さんなのに目の下のえぐれるほどのクマをよく見かける。

美を商売にする仕事にも関わらずなんたることだと感じていますが、

それも今の時代仕方がないのか?

そりゃ~良かれと思って必死に美容管理をしているのだろうが、

それがえぐれるクマを発生させている本元であるということに、

なかなか気づけないのであろう。

しかし、真に体を大切に思っていれば気づけるだろうに。

プロフェッショナルとしては程遠く感じる近頃の美容関連業界。

栄養をバランスよく取れば肌も綺麗になるなら、

今の女性の肌のハリと艶の悪さは何と説明するのか?

目の下のえぐれるほどのクマを必死に誤魔化そうとしているのが可愛そうに感じる。

様々な美容液や美容関連の薬剤(サプリメントなど)を利用しても、

女優業界の肌を良くすることは出来ていないのが現状。

それでも美容関連業界はそれを商売に繋げようと努力を欠かさない。

そう、美容は儲かるからだ。

人の弱味につけこんであれがいいこれがいいと心を揺さぶり、

良くなるか良くならないかの瀬戸際で商売を続ける。

そんな業界に嫌気をさしています。

もっと本気で美についての研究をすべきだと。

商売の事を考えれば、治さず殺さずが良いのかもしれないが、

目を覆いたくなる程のテレビ越しから映る目の下のクマが、

あまりに醜く、見ていられない。

そう感じるようになってテレビを見なくなった気がする。

今日はこの辺で。

いつも最後までお読みくださいまして、ありがとうございます。


院長ブログ




https://ameblo.jp/d-k-soft-balance/ (アメーバブログ)



内臓のことでお悩みがございましたら、是非一度ご相談くださいませ。

無料相談行っています。

無料相談はこちら→■メールによるお問い合わせ


※お名前、性別、年齢、ご連絡先、症状等を明記の上、ご送信下さい。

Lineからでもご相談頂けます : 


line://ti/p/%40yoh4092d

体の総合ケア green balance

東京都千代田区富士見2-2-7YKビル飯田橋3F

JR総武線飯田橋西口2分/東京メトロB2a出口3分


鍼灸・整体・骨盤矯正・カイロプラクティック

#自律神経失調症 #内臓ケア専門 #小顔 #脳脊髄液 #頭痛 #めまい #眼精疲労 #耳鳴 #突発性難聴 #顔面神経麻痺 #花粉症 #アレルギー #吐き気 #動悸 #湿疹 #過敏性腸症候群 #冷え性 #生理痛 #便秘 #精神不安など、病院に行ってもなかなか原因が分かりにく症状を#オーダーメイド施術 #体の総合ケア

院長ブログを更新しました「目の下のえぐれるほどのクマ」#美容 #健康 #サプリメントの弊害 #栄養管理 #美容業界停滞 #greenbalance #内臓ケア専門 #自律神経専門 #飯田橋 #神楽坂 #整体 #鍼灸 #片山大輔 #体の総合ケアhttps://soft-balance.at.webry.info/201909/article_3.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント