今度は自分自身を踏み台にして生きて行きたいと思う

20200419_231346.jpg
今日は尾崎豊がコンサートで「卒業」を歌う前の曲紹介で言った言葉をタイトルにしてみました。

自分自身を踏み台にするというのはどういうことなのだろうと、ずっと考えていた。

学校を辞めさせられた尾崎が、これからは先生を踏み台にするのではなく、

これからは自分自身を踏み台にして生きて行きたいと思うと言っているのを聞いて、

自分自身を踏み台にすることの難しさを痛感させられています。

踏み台にするのは自分より他人の方がしやすいのかも知れないと。

人は他人と争い、競い、嫉妬し、憎み、恐れ、そして愛する生き物で、

そうやって生きる辛さもあるけど、喜びの方が実は大きくて、人を踏み台にする方が容易いのかも知れないと、

今このように人と人との関わりが減って行くと、否応なしに自分自身と向き合わなくてはならなくなってくると、

そのことの難しさを痛感しています。

尾崎豊は、人と争い、憎み、競い、そうやって人を踏み台にして生きて来たのに、

突如、学校を辞めたことでその踏み台がなくなってしまった喪失感に苦しんだのかもしれないと、

「卒業」という歌を聴きたがらそんなことを考えたりしていました。

人はやっぱり人と関わり、いい意味で雑踏の中で戯れながら生きていく方が自然なんだと言うことを感じています。

今のこの自粛が人間にとってどれほどの生産性を失い、どれほどの生きる喜びを奪ってしまっているのか、

そんな気持ちになっています。

自分自身を踏み台に出来るほど、人は賢くないと感じずにはいられない今の自分

人は人との接触を失えば、衰退に向かうしかないのだと感じます。

今の状況を一日も早く卒業しなくてはと感じています。

今日はこの辺で。

いつも最後までお読みくださいまして、ありがとうございます。

院長ブログ


https://soft-balance.at.webry.info/ (ウェブリブログ)


https://ameblo.jp/d-k-soft-balance/ (アメーバブログ)



内臓のことでお悩みがございましたら、是非一度ご相談くださいませ。



無料相談行っています。



無料相談はこちら→■メールによるお問い合わせ






※お名前、性別、年齢、ご連絡先、症状等を明記の上、ご送信下さい。



Lineからでもご相談頂けます : 



line://ti/p/%40yoh4092d



【院長ツイッター】





【Instagram】





体の総合ケア green balance



東京都千代田区富士見2-2-7YKビル飯田橋3F



JR総武線飯田橋西口2分/東京メトロB2a出口3分






鍼灸・整体・骨盤矯正・カイロプラクティック


院長ブログ更新しました「今度は自分自身を踏み台にして生きて行きたいと思う」 #尾崎豊 #卒業 #自粛 #コロナウイルス #規制 #人との絡み #内臓ケア専門 #自律神経専門 #飯田橋 #神楽坂 #整体 #鍼灸 #体の総合ケア #グリーンバランス #千代田区 #富士見 #片山大輔 #九段下https://soft-balance.at.webry.info/202004/article_18.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント