嫉妬心

20210123_144918.jpg
人間の細胞は生まれ持って嫉妬心という心を宿して生まれてくることをご存じだろうか。

まだ幼い子供でも誰に教わることもなく嫉妬心を露にする。

ママを他の誰かに好き好きって近寄って来ようものなら、

すかさずその子供はママに近寄らせないような防御にでる。

同時にそのお友達に意地悪をしてしまう。

それに気づかない親は、どうして〇〇ちゃんをぶったりなんかするのって子供を叱る。

ママがパパに好き好きって目の前でいちゃいちゃされると、

同じく子供はパパに近寄って、パパ大好きって言いながら、ママをじろっと睨みつける。

最近、こんなシーンに出くわす機会に恵まれた。

細胞は唯一、嫉妬心という心を内部に埋め込み生まれてくる。

だから子供は生まれた時から、嫉妬心を持って生まれてくる。

細胞が持つ嫉妬心は、特に自分より年上の人で、自分より細胞が若いと感じると嫉妬するという特徴がある。

細胞は相手の細胞の若さ具合をチェックする習性がある。

それは生命力の強さを確認するためと考えられている。

人は自分より勝っている人を目にすると嫉妬してしまうものだけど、

実は相手の細胞の若さに嫉妬しているのだ。

自分より年上なのに自分より若い細胞を維持している人に特に嫉妬してしまう特徴があるのだ。

要するに自分より輝いている人に嫉妬してしまうということだ。

輝いている瞬間というのは、細胞も元気で生き生きしていることも多く、

それが細胞の嫉妬心を生み、感情に働きかけるのだろう。

要するに、今日の本題になるけど、

嫉妬されるほど自信を持つべきということ、喜ばしいことと思うべきと感じます。

人に意地悪されたり、嫌みを言われて悩んでいるなんて、もったいない。

最高の褒め態度であることも知らずに悩んでいるなんて、もったいない。

むしろ嫉妬されないことに悩むべきことなのに。

人間、嫉妬されなくなったらおしまいだよって思います。

人からどれだけ難癖付けられるか、嫌みを言われるかが、

細胞としての誇りであり、生きがいだということを知らないで生きている方が、

よっぽど愚かだと感じています。

最後に一言。

年下に嫉妬する人生ではなく、

年下から嫉妬される人生を目指してこそ、

いい人生となる。

院長ブログ更新しました「嫉妬心」#嫉妬 #生き甲斐 #細胞 #持って生まれた #遺伝 #嫌み #意地悪 #内臓ケア専門 #自律神経専門 #飯田橋 #神楽坂 #整体 #鍼灸 #グリーンバランス #体の総合ケア #片山大輔 #四ッ谷 #九段下 #千代田区 #富士見
https://soft-balance.at.webry.info/202101/article_16.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント