添木を外してあげたんだ

20210218_220406.jpg
買った時に植物に添木がしてあった。

添木は植物にしてあることがよくある。

でも僕はあまり好きではない。

その植物を信頼していないみたいで。

だから、買って来るとすぐに外してしまうことがよくある。

先日も一つ添木を外した。

添木をするのは、まだ根がしっかりと根付いていない場合であったり、

樹木を思うように矯正したいときだったり、

形を綺麗に保ちたい時など、様々に理由がある。

でもそれは優しさには感じない。

人間のエゴだ。

植物を信頼していない、甘やかす感じに見えて、あまり好きではない。

実は根っこは、添木をしない方が、根がしっかり育ち、早く丈夫になろうとするのだ。

一見、添木をした方が元気になりそうだけど、実はそうではない。

僕は植物には肥料を一切あげたりはしない。

それも添木と同じ仕組みで、肥料を与えてしまうと弱く育つし、根がしっかり育たないから。

こういう考え方は植物も人間も同じだ。

肥料をやればその時は丈夫そうにも見えて、見栄えも綺麗に見えるけど、

後々そっちの方が弱く長持ちしなくなる。

冬の寒さや害虫にも抵抗力が育たず、枯れやすくなるからだ。

そういうことを知っていても、花屋は肥料をしっかり与えてくださいねって伝えてくる。

あ~嫌だ嫌だ。

人間界でいう医療と同じだって思ってしまう。

結局は早く枯れてまた買いに来てくれってことでしょ?

嫌だ嫌だ、そんな風に考えてしまう僕が時々嫌になる。

世の中ってそうやって出来ているのだけど、

そうやって生きなきゃ幸せになれないこともない。

むしろそうやって生きない方が、後々のことを考えれば、

そっちの方が幸せになるってことを今は知っている。

でも若い時はそのことでよく悩んでいた気がする。

綺麗さや可愛さを武器に生きていくことよりも、

いずれ無くなってしまう綺麗さに縋って生きるより、

訪れる未来のために自問自答する方がいい。

今が良ければそれでいいって、実は無責任なように感じています。

見栄えや見た目の綺麗さよりも、土の中に隠れていて見えないけど、

根っこの丈夫さの方を大事にしたい。

最後に一言。

例えば骨折をしたり捻挫をしたとする。

病院に行けばその患部に固定したりシップしたり、包帯やギブスをしたりするけど、

本当はそのまま放っておいた方が早く治るし、そのあとの後遺症も残りにくい(複雑骨折などの例外もある)。

動物はそのことを知っているから、痛くても日常の生活を続ける。

痛みを脳が感じるから、早く直さねばと患部に指令を出すからだ。

人間の体をみくびるな。

今の現状を脳がしっかり把握した方が、そのことに優先して対処するようにする。

でも、今の状況を見ないようにしたり、慰めてもらって、現実逃避を繰り返していると、

知らぬ間に大変なことになってしまうことにもなり兼ねない。

現実をしっかり受けとめる事の大切さも、植物が教えてくれたこと。

院長ブログ更新しました「添木を外してあげたんだ」
#添え木 #肥料 #現実逃避 # 慰め #労り #甘やかし #幸せ #内臓ケア専門 #自律神経専門 #飯田橋 #神楽坂 #整体 #鍼灸 #グリーンバランス #体の総合ケア #片山大輔 #千代田区 #富士見 #九段下 #四谷
https://soft-balance.at.webry.info/202102/article_15.html

"添木を外してあげたんだ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント