テーマ:目標

自暴自棄を避ける

自暴自棄には人間の脳に多大な悪影響を及ぼす。 自暴自棄はない方がいい。 では自暴自棄はなぜ起こるのか? その理由は簡単なこと。 目標を持つから。 もっと分かりやすく言えば、 目標を持たなければ前に進むことが出来ない人が、 自暴自棄になりやすいということ。 目標を立てるから、その目標に思うように近づいて行かないことで、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

理由は後からついてくる

いつでも行動が先で、理由は後からついてくる。 何かをするための行動ではなく、 行動を起こすことでその後から行動した理由が分かってくる。 行動の根拠は直感に頼る。 何かをするための行動では、 それは既に自身が過去に渡った道なのだということを知った。 記憶にも残らず忘れ去られてしまうほどの畦道。 目的のために作られた畦道には、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どう進んでいくのか、それともどこまで進みたいのか

この二つの言葉には決定的な意味の違いを感じます。 その決定的な意味の違いとは、 委ねた行動か、それとも自分の意思で起こす行動か。 どちらが正しいとかはありませんし、それは自分なりで良いと思います。 でも最近この意味の違いに思いを馳せる事がありました。 昔はどこまで進みたいかという思考だったように思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孫ではなくひ孫という考え方

孫では物足りない。 ひ孫でなくては。 人と人が繋がり合うことが容易に行える関係。 それは孫ではなくひ孫との関係。 孫とは体の繋がり。 体はただの物質的関係に過ぎない。 でもひ孫とは魂との繋がり。 ひ孫を抱くこと、抱かせることは、最大の親孝行になる。 コミュニケーションなどなくても、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認めることから始まる

幸せになりたいと思うという事は、幸せではないことの現れ。 幸せではないと感じるという事は、幸せになる可能性を秘めている。 夢や目標を掲げることは、その夢や目標を叶えられなくさせてしまう。 夢や目標は掲げるものではなくて、時々思い出すかのように頭をよぎるもの。 掲げなくてはやる気にならない夢や目標なら、 そん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

素直に未熟を悟れるようになること

怒りや不快や苛立ちを感じるのは、自分がうぬぼれているから。 自分の事を高く見積もっているから。 自分が凄いと勘違いしているから。 自分を未熟だと悟れていたら、そのような感情は起こらない。 ストレスと感じるのも同じ事のように感じています。 うぬぼれるな、自分。 目を背けて生きることを止める。 逃げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more