テーマ:信じる

条件反射を頼りに行動や言葉へと舵をきる

心を条件反射に預けてみる。 心は時に厄介な存在となります。 生まれつき備わってしまっているものは、 今更、取り除くことなどできません。 だったら上手に付き合う方法はないかと考えても、 なかなか答えは見つかるはずもありません。 心を取り除くと、幸せ感が薄れるというか、実感が湧きにくくなるし、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人を傷つける事が出来ない人に、優しい人はいない

極端で分かりにくいタイトルですが、 人間が持つ特性(能力)として、 人に苛立ちを感じている人より、 人をイラつかせることが出来る人の方が、 人間の特性(能力)としては上の位に位置します。 そのイラつかせることが出来る人の更に上に位置するタイプは、 殆ど苛つく事がない人が一番上の位に位置するのですが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本当に見せたい景色は先にある

まだある、何かある、その先に見せたい景色がある。 本当に伝えたいことの半分も、 僕は理解できていないんだと、そう思い続けていたい。 そう思える好奇心と無邪気さで走り回る子供のように、 どこまでもその先を追い求めていたい。 目的のないまま進める好奇心と、 どこまでもこれが答えなんだと決めないで生きていけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不眠は体を良くする特効薬

不眠は、余計な事を考え過ぎている事を察して、それを避けるために、 体が防御策のために起こす反応が不眠の理由。 不眠は、頭をぼーっとさせて無我の状態を作るための防御策。 だから寝れないからといって落ち込むことはない。 そう、寝かせないのだから。 だから寝なきゃなんて、間違っても思ってはいけない。 まして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信じられなくなりそうな時ほど信じたい

信じて進んでいる時だったり、好きで突っ走っている時は楽しいけど、 信じられなくなったり、愛せなくなりそうになった時は、苦しいものです。 それまでどうやって進んでいたのか、何を原動力にしたらいいのか、わからなくなってしまう。 でも、人と人の絆の深まりだったり、仲良くなるタイミングって、 その感情を何度も繰り返したか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

就職出来ても出来なくてもお前の人生、大して変わんねぇーよ

だから、思ったことがあるならやってみたらいいやん。大して変わんねぇーんだからよ。 そういう流れが来たなら、とりあえず従って動いてみたらええやん。 あとはなるようになれって感じで委ねたらええやん。 喫茶店で隣の席に座った女性が気になるのなら、 声かけようがかけまいが、お前の人生、大して変わねぇーよってな感じで、声か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分が持っているものを全部引き出しから出して闘う

ぜんぶ出す。ぜんぶ出しきらないと闘えない。 闘えなければ、勝負の場所にも立てない。 勝つ以前の問題だよ。 先ずは何降り構わずぜんぶ出すだけ。 ぜんぶ出したって勝てる保証なんてない。 この数日、色々な事が起こりすぎて、 何がなんだか戸惑う日々でしたが、 目まぐるしく動く感情を抑えきれないでいました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意味と無意味の意味

人には拘りのある部分と無い部分をバランスよく保とうとする本能があります。 人間は拘りながらも、その逆の全く拘らない部分を持つ。 例えば仕事では拘りが多いにも関わらず、 プライベートではほとんど拘りのない要素を多く持つ。 これは生きるために、生きていくために欠かせないバランス本能と言われる性質。 その性質を人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

形に拘らず、自分が信じた道を進めばいいんだね

相手を理解しようとする心、 相手が喜ぶ事をしてあげたいという気持ちに気づき、 自分を主張することが恥ずかしく、 虚しいことのように思えて来た。 同時に自分の幸せを願うことがちっぽけな気がしてきた。 自分の幸せなんかより、 人が幸せになっていく、喜ぶ姿を見ることの方が、 ずっと幸せだって思えてきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「忍耐」「信じる」の大切さ

「夢も希望も縁もやる気も、ぜ~んぶ自分で掴むもの」 夢だったり、縁だったり、やる気だって、 勝手に舞い込んでくる、勝手にやる気が出てきたり、 寄ってくるものと思われがちですが、 実は行動によって自分で掴んでいくものなんです。 運も味方にできる人、そうでない人では、 そこに差が出…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more