股関節の痛み、足のつけ根の痛み

画像

一般的な考えとして

日本整形外科学会のホームページによると

症状) 

股関節症の主な症状は、関節の痛みと機能障害です。股関節は鼠径部(脚の付け根)にあるので、最初は立ち上がりや歩き始めに脚の付け根に痛みを感じます。
関節症が進行すると、その痛みが強くなり、場合によっては持続痛(常に痛む)や夜間痛(夜寝ていても痛む)に悩まされることになります。
一方日常生活では、足の爪切りがやりにくくなったり、靴下が履きにくくなったり、和式トイレ使用や正座が困難になります。また長い時間立ったり歩いたりすることがつらくなりますので、台所仕事などの主婦労働に支障を来たします。階段や車・バスの乗り降りも手すりが必要になります。

原因と病態)    

患者様の多くは女性ですが、その場合原因は先天性股関節脱臼の後遺症や股関節の形成不全といった子供の時の病気や発育障害の後遺症が主なもので股関節症全体の80%といわれています。最近は高齢社会となったため、特に明らかな原因となる病気に罹ったことが無くても年齢とともに股関節症を発症してくることがあります。

診断)

診断は上記の症状がある場合、単純X線(レントゲン)写真を撮って確定します。
ごく初め(前期関節症)では関節がきゃしゃであったり変形しているだけですが、関節症がすすんで初期関節症になると、関節の隙間が狭くなったり(軟骨の厚さが薄くなる)、軟骨下骨が硬くなったり(骨硬化)します。
さらに進行期関節症、末期関節症となると、関節の中や周囲に骨棘とよばれる異常な骨組織が形成されたり、骨嚢胞と呼ばれる骨の空洞ができたりします。
最終的には体重がかかる部分(荷重部)の関節軟骨は消失し、その下にある軟骨下骨が露出します。


当院の考えとして・・・

当院が考える股関節の痛み、足のつけ根の痛みは、上記に記載した以外に、骨盤、背骨、頭蓋骨の歪み、内臓の負担や疲れが原因で起こるのではないかと考えています。
症状を訴える方の中で、特に女性に多い症状と言えるでしょう。それもそのはず、股関節の痛み、足のつけ根の痛みは、女性ホルモン系、子宮、卵巣系の疲れが多く関わっているからです。
なぜ、女性ホルモン系、子宮、卵巣系の疲れが多く関わっているかと申しますと、これらの臓器が負担かかる理由とし考えられるのが、血液の濁りが非常に関係するからです。子宮や卵巣は、特に子供を育てるために重要な場所ということもあって、上質の血液、すなわち、特にきれいな血液を必要とする場所です。それにより血液が濁ると、子宮や卵巣にうまく酸素と栄養分が行き渡らず、機能低下が起こりやすくなるのです。
同時に、血液をキレイにろ過をしてくれている腎臓にも負担がかかることになります。股関節や足のつけ根の痛みを訴える方の中で、腎臓も同時に負担や疲れが起こっている事が多くあります。ですので、内臓調整(子宮、卵巣、腎臓)は、最も必要となる施術となります。整形外科等で治療を行っても、なかなか思うように良くならないとお感じのあなた、是非当院にご相談下さい。


ソフトバランスはり灸整体院HPは⇒こちら

↓応援宜しくお願いします↓1日1回クリックを

にほんブログ村 健康ブログへ←健康ブログランキングに参加しています。ポチっとクリックお願いします


画像>←ブログランキングに参加しています。カチッ!とクリックして下さいね!




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック