腰痛、臀部の痛み、足のしびれ、足のつけ根の痛み

画像


腰痛、臀部の痛み、足のしびれ、足のつけ根の痛み

一般的な考えとして

原因と病態)

腰(脊柱)に由来を日本整形外科学会のホームページによると
先天異常や側弯症、腰椎分離症など主に成長に伴っておこるもの、変形性脊椎症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変性すべり症など主に加齢により生ずるもの、腰椎骨折や脱臼などの外傷、カリエスや化膿性脊椎炎などの感染や炎症によるもの、転移癌などの腫瘍によるものなどがあります。
腰以外に由来するものを日本整形外科学会のホームページによると
解離性大動脈瘤などの血管の病気、尿管結石などの泌尿器の病気、子宮筋腫や子宮内膜症などの婦人科の病気、胆嚢炎や十二指腸潰瘍などの消化器の病気、変形性股関節症などの腰以外の整形外科の病気によるものがあります。加えて身体表現性障害、統合失調などの精神疾患や精神的なストレスによる心理的な原因による場合もあります。

予防と治療) 日本整形外科学会のホームページによると

内服薬、ブロック注射療法、コルセットなどの装具療法、牽引などの理学療法、運動器リハビリテーション、手術治療があります。それぞれの病態での具体的な治療については他の章を参照下さい。腰痛で日常生活が制限されてしまうと体力が低下し、腰を支える筋力も衰え、また精神的にも落ち込むために、さらに腰痛がおきやすくなります。悪循環を断ち切るためには、中腰にならないなど日常的姿勢に注意し、また腰の支持性を高めるための運動や体操を継続されるとよいでしょう。

整形外科的診断)

いろいろな原因があり、また病態により治療法が異なるため、正確な診断が重要です。必要に応じてX線(レントゲン)検査、MRI検査、骨シンチ、筋電図検査、血液・尿検査などを行います。
特に安静にしていても痛みが軽くならない、しだいに悪化する、発熱している、下肢がしびれたり力が入らない、尿漏れがするなどの症状を伴っている場合は、放置したり自分で管理することは禁物で、すみやかに整形外科を受診されることをお勧め致します。

当院の考えとして・・・

当院が考える腰痛、臀部の痛み、足のしびれ、足のつけ根の痛みは、上記に記載した以外に、骨盤、背骨、頭蓋骨の歪み、内臓の負担や疲れが原因で起こるのではないかと考えています。
症状は男性と女性では、原因となる内臓の負担や疲れの場合が異なるようです。例えば男性はでは、腎臓や前立腺、肝臓といったところの疲れが、痛みの原因として多いのに対し、女性では、腎臓、膀胱、子宮、卵巣、大腸などの疲れる事により、発生する比率が多いようです。ですので、内臓の調整は、まず必要となってまいります。なお、腰痛、臀部の痛み痺れ、足のつけ根の痛みを取り除くのに、特に重要なのが、骨盤(仙骨関節)の歪みが重要となります。この部分の施術と致しまして、ソフトブロック(無痛矯正)を使い、矯正を行います。整形外科等で治療を行っても、なかなか思うように良くならないと、お感じのあなた、是非当院にご相談下さい。

ソフトバランスはり灸整体院HPは⇒こちら


↓応援宜しくお願いします↓1日1回クリックを

にほんブログ村 健康ブログへ←健康ブログランキングに参加しています。ポチっとクリックお願いします


画像>←ブログランキングに参加しています。カチッ!とクリックして下さいね!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック