優しさって・・・ 厳しさって・・・ 親切って・・・

皆さんは親以上に正直に打ち明けられる人はいますか?


親だけでもいれば!って思う方もおられるかもしれません。


でも親は、いつまでも側にはいてはくれませんよね。


それに親は、子供には基本的に甘いですから。


だから親以上に正直に打ち明けられる人、客観的に見てくれる存在が、


人には必要なのかも知れません。


英会話でいくらネイティブ英語がしゃべれる人と、


マンツーマンで会話をしても、いつまで経っても海外で通用する英語が身につかないのは、


ネイティブ英語の先生が手加減してしゃべってくれるから。


でもそれでは結局の所、いつまで経っても話せないままなのです。


いつまで経っても自信なんてつかないんです。


日本人だって、つたない日本語で話す外国人の人と話すときは、


ゆっくりと分かりやすく話そうとするのと同じ。


本当に身につくためには、ネイティブの先生同士が、


話をしているのをひたすら聞く事なんだと思う。


それが一番早く、確実に上達する方法。


相手を思い、あえて厳しく接してあげる事が本当の優しさではなかろうか。


その厳しさが、良い意味で挫折感や悔しさを与え、


その事で次に繋がるきっかけになることって良くありますよね。


それとよく似ていますが、


自分を正直に素直に話ができる人がいると、


自分がどんどん変わっていくのが分かります。


どんどん自分が知れるようになるのが分かります。


恥ずかしいことを話せる人がいるって、


幸せな事なんだと、最近思います。


それには厳しさが必要なんだと。


自分が思うこと、感じた事を正直に相手に話をする事。


時には相手を傷つけてしまうこともあるかもしれません。


でもそこに愛があれば、言って挙げられるはず。


これって、本当の意味で親切な人、優しい人なんだと思います。


でもたまには「大丈夫だよ」「それでいいんだよ」って言って貰いたいですけどね(^_^;


本当にその人のことを思って厳しいことを言える人って、


優しさの使い方も上手なんですよね。


なかなかできそうで出来ませんが(^_^;


でも、そういう人になりたい。


元気なときに会える友達ではなくて、


元気がないときに会いたいと思って貰える存在になりたい。


それには素直な自分でいなければ。


常に優しさって何なのかを、考え続けなくてはいけないんだと。


そんな風に感じます。


そいう人が側にいてくれるって、本当に幸せな事ですよね。


今日はこの辺で。


いつも最後までお読み下さいまして、ありがとうございます。


当院のHPです!
http://www.soft-balance.com/

口コミ情報(エキテン)
http://www.ekiten.jp/shop_278360/

口コミ情報(ビットストリート)
http://www.bit-st.jp/favor/view.cgi?num=03483&code=MD_HL_0#1138179744

院長ブログ!
http://soft-balance.at.webry.info/

アメーバブログ!
http://ameblo.jp/d-k-soft-balance/

twitter!
http://twitter.com/soft_balance/

体と心の悩み無料相談始めました
http://www.soft-balance.com/autores/form5.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック