落ち込んでしまうような事、生きていれば当然のようにある

落ち込んでしまうような事も、


生きていれば当然のようにある。


うまくいかない事だって。


そんな時は前向きになんてなれない。


でも自分を信じて進むくらいはできる。


進むことで何か起こるかもしれない。


どこかで派生して、影響を受けるかもしれない。


その事で思いもよらない事だって起こる。


やるんだ。やるんだ。やるんだ。


進め。進め。進め。


進まなければ、待ってるだけでは、


葉っぱの一つもなびきやしない。


進まなければ風すらも見方につけることはできない。


風になびいてこそ、相手に気づいて貰えるかもしれないのだから。


人生とは、箱に挟んだ輪ゴムのようなもの。


もしくは髪止めの輪ゴム。


箱に挟んだままの輪ゴムは、


いずれ朽ちていくだけ。


でも、髪止めの輪ゴムはいつまでも朽ちない。


なぜなら、伸縮し続けるから。


箱の輪ゴムのように、


いつも変わらぬ、そして伸縮しなければ、


すぐに干からびて、ちぎれてしまう。


人生とは平坦や安定のように伸縮しなければ、


すぐに輪ゴムは朽ちるのだ。


輪ゴムも使い続けて貰えて、


人生のように浮き沈みがあって活きてくるもの。


伸縮という動きが、血流を良くし、


細胞を活性化させ、再生へと、進化へと向かわせる。


安定なんてほんの一瞬でいい。


人生は不安定の時の方が圧倒的に多い。


だから不安定な時にどうするか、


その時、人間性が試される。


だから不安定な時に、思いっきり生きるのだ。


思いっきり楽しむのだ。


そんな気持ちをずっと持ち続けていたい。


チャレンジする気持ちを忘れたくはないんだ。


今日は人生の浮き沈みをゴムの伸縮に例えてみました。


最後に一言。


あんぱんの真ん中にある桜花の塩漬けや、


桜餅に巻いてある葉っぱのように、


昔はなんでこんなものあるんだろうと、嫌でどかして食べていたけど、


その存在の意味や役割に気がつく。


たかがパン、されどパン。


そんなパンにも人生や小宇宙のバランスを表しているのかもしれません♪


なんちゃって。大袈裟でした(^_^;)


最後に今日の名言。


「なかなか簡単には手に入らないようなものほど欲しくなるものだ。


しかし、いったん自分のものとなり、少しばかり時間が経つと、つまらないもののように感じ始める。


それが物であっても人間であっても。


すでに手に入れて、慣れてしまったから飽きるのだ。


けれどもそれは、本当は自分自身に飽きているということ。


手に入れたものが自分の中で変化しないから飽きる。


すなわち、それに対する自分の心が変化しないから飽きるのだ。


つまり、自分自身が成長し続けない人ほど飽きやすいことになる。


そうではなく、人間として成長を続けている人は、自分が常に変わるのだから、


同じものを持ち続けても少しも飽きやしないのだ。」(フリードリヒ・ニーチェ)


今日はこの辺で。


いつも最後までお読みくださいまして、ありがとうございます。


当院のHPです!
http://www.soft-balance.com/

口コミ情報(エキテン)
http://www.ekiten.jp/shop_278360/

口コミ情報(ビットストリート)
http://www.bit-st.jp/favor/view.cgi?num=03483&code=MD_HL_0#1138179744

院長ブログ!
http://soft-balance.at.webry.info/

アメーバブログ!
http://ameblo.jp/d-k-soft-balance/

twitter!
http://twitter.com/soft_balance/

体と心の悩み無料相談始めました
http://www.soft-balance.com/autores/form5.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック