信頼しているから・・・

信頼しているから優しく接することができるの?

信頼しているから厳しく接することができるの?

自分の判断でうまくいったんだと、そう思いたいのが人間。

この人のお蔭でうまくいっているけど、そうは思いたくないのが人間。

自分のせいではないと思いたいのも人間。

僕は悪くない、この人が悪いから、今の不幸な僕がいると思いたいのも人間。

あなたはすごい人って思われたいのも人間。

あなたのお蔭でって言われたいのも人間。

人間とやらは、どこまで行っても自分勝手でいたいのかもしれません。

そういった感情があるから、人間の進化を早めてくれたのかもしれません。

こういう事から目を背けず考えてきたから、今の人間を育てたのも人間自身。

全ては生きるために必要だったのだと思いたい。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、

人は信頼しているから優しく接することができるの?

信頼しているから厳しく接することができるの?

これについて考えていたら、前置きの文章がスラスラと出てきてしまい、

長々と書いてしまったのです(^_^;)

皆さんはこのことについてどう思いますか?

優しさと厳しさを考えた時に、信頼しているとどっちの行動になりやすいですか?

その事を考えていると、信頼しているから、

優しく接することができるのではないかと思うようになってきて。

でも、厳しくする方が責任が伴うし、

嫌われてしまうという危険にさらされる。

でもそれはただの自己満足で、もしかしたらあなたのお陰でって思って貰える可能性を秘めている訳で。

一か八かの賭けみたいなような感じにも見える。

でも、厳しく接することをせず、優しく話を聞き、同調する事に徹すれば、

危険な橋は渡らないけど、目に見えた満足感は得られにくい。

でも、それでいいのかもしれない。

信頼しているから、相手に判断を委ね、自分で責任を負わせるという。

そして、自己責任と自分で考えて判断させるという、

人間の進化の源と思える行動を促しているという意味においては、

実に高度な対応ではないだろうか。

最後に一言。

これについては、はっきり言って答えは見つかりませんが、

前置きにも書きましたが、その行動が自分にとってどういうメリットを感じれて、

どういうデメリットを背負っているのか。

同時に自分がそれによってどういう人に写るのかを、

考えながら行った判断なのか、そうではなく相手を純粋に思うがあまりの行動なのか、

その事を考えることで、自分を知ることができるのかもしれません。

知らず知らずに行動や発言の中にも、

自分を擁護したり、評価を求めた行動であることも多々あります。

人間はそうやって生きてきたのだから、そういう自分を認めざる終えないのかもしれません。

今日はこの辺で。

いつも最後までお読みくださいまして、ありがとうございます。


当院のHPです!
http://www.soft-balance.com/

口コミ情報(エキテン)
http://www.ekiten.jp/shop_278360/

口コミ情報(ビットストリート)
http://www.bit-st.jp/favor/view.cgi?num=03483&code=MD_HL_0#1138179744

院長ブログ!
http://soft-balance.at.webry.info/

アメーバブログ!
http://ameblo.jp/d-k-soft-balance/

twitter!
http://twitter.com/soft_balance/

体と心の悩み無料相談始めました
http://www.soft-balance.com/autores/form5.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック