生きる

手術をして永く生き続けられるのと、

手術をしないで永く生き続けられるのとでは、

どちらの方が医学の発展に貢献できるだろう。

手術をして死んでしまうのと、

手術をしないで死んでしまうのとでは、

どちらの方が医学の発展に貢献出来るだろう。

もし悩んでいるのなら、

医学の発展に貢献出来るか否かで判断すべきではないか。

命が助かるか否かで選ぶから、余計に悩むんだよ。

命はあえて捨ててみて、俯瞰した状態で判断した方が、

無駄に悩まないで済むんだと思う。

それだけ生きるってことは覚悟がいるって事なんだね。

生きることを前提で考えるとするなら、

手術をしないで生きる方が、医学の発展に貢献できると思う。

死ぬ事を前提で考えるなら、手術をして死んだ方が、

医学の発展に貢献できると思う。

でもほとんどの場合で、この逆を選択する人が多いように感じます。
 
ある究極の選択に迫られた場合、

物事には感情を極限まで減らして、

自分の事より人のためにのみ、

考えて行動や発想に傾けると、

答えが出ることがあります。

何かに執着したり、しがみついてばかりいては、

見えにくくなるってこともあるんだね。

最後に一言。

詰めが甘いのは君も僕も同じさ。

自分の能力だけで、この世界で戦っていけるほど、

甘くはないし、そんな能力は備えていない。

でも、純粋でさえいられれば、それは可能になるのではないか。

自分に自惚れている以上は、

間違っても勝てる見込みなんてないに等しい。

全ての知識や思考や経験を駆使しても、

純粋さには到底太刀打ちできない事を、

改めて教えてもらいました。

今日はこの辺で。

いつも最後までお読みくださいまして、ありがとうございます。


当院のHPです!
http://www.soft-balance.com/

口コミ情報(エキテン)
http://www.ekiten.jp/shop_278360/

口コミ情報(ビットストリート)
http://www.bit-st.jp/favor/view.cgi?num=03483&code=MD_HL_0#1138179744

院長ブログ!
http://soft-balance.at.webry.info/

アメーバブログ!
http://ameblo.jp/d-k-soft-balance/

twitter!
http://twitter.com/soft_balance/

体と心の悩み無料相談始めました
http://www.soft-balance.com/autores/form5.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック