暗示力

幸せの暗示力について考えてみました。

自分が幸せになる為の暗示をかける。

工夫次第で、幸せのコントロールができるようになると感じています。

それには物事を肯定的に捉えることでコントロールが可能になると感じています。

不安な気持ちやネガティブな思考をなるべく消去する。

消去の仕方は肯定思考で行うといい具合にできます。

例えば病気をしたとします。

するとなぜ病気をしたのかと考えて、色々調べて不安になっている人がいます。

でも不安には負のエネルギーとなりやすく、免疫力を落とすことにもなり兼ねません。

大切なことは、病気の原因を見つけることではなく、

幸せの数を増やすことに主眼を置くことの方が、

免疫を上げる要素となって、病気を克服しやすくなるものです。

病気は幸せがいっぱい入るための袋を、もっと大きくする意味があると思っています。

病気に怯えるのではなくて感謝できるようになれると、

勝手に病気は逃げていってくれる。

実際、風邪を頻繁に引く人と引かない人との差にも、

風邪は引かないと強く思っている人ほど引きにくく、

引くんじゃなか?とか、引いたらどうしようとかなど、風邪を厄介なものと扱っている人ほど、

引いているように感じます。

病気をネガティブに捉えず、ラッキーと捉えている人に、

病気は寄ってこないのと同じで、

幸せも同じように、いい想像がいい流れを生むと、そのように感じています。

今までの僕ではこのような発想は考えられません。

ネガティブに物事を深く追求することが美徳と考えていたからです。

今ではそれが180度変わってしまったかのようです。

この考えに至ったのも、今を大切に生きる事の重要性に気がついてからと感じています。

でもそういった時期があったからこそ、気づけたと思っています。

それによって幸せは健康を支配していて、心の肯定力が幸せをコントロールしたり、

健康を引き寄せたりするのだと、感じています。

病気になることに怯えず、ラッキーと捉える人には決して病気は近寄ってこないと、

本気で感じています。

ネガティブ発想を消去していくことが、幸せの扉が開くと信じてきています。

最後に一言。

患者さんに先程の文章に書かせて頂いた風邪について、

心の持ち方が引き易さの有無を決めていると説明しましたら、

患者さんがこんな話をしてくれました。

「その話と類似するかは分かりませんが、私も4年間風邪を引いてないんです。

それまではよく風邪を引いていたのに、葛根湯(漢方薬)を友人に勧められて、

風邪を引きそうになったら飲むようになったら、引かなくなりました」とおっしゃってくれました。

これも葛根湯が風邪に効いているというよりも、これを飲んだら大丈夫という、

一種の暗示みたいなものが、風邪を引きにくくしていると感じました。

その暗示は、信じている食べ物であっても、占いであっても、趣味であっても、人であっても、

前向きになれて、心の幸せに繋がるのであれば、

方法なんてなんだっていいんだなぁって思い始めています。

信じる者は救われるという言葉の通り、

自分が幸せになれる、心がフラットになれる暗示方法を持っている人と、

そうでない人では、生き易さに差が起こるのではないかと感じています。

今日はこの辺で。

いつも最後までお読み下さいまして、ありがとうございます。


当院のHPです!
http://www.soft-balance.com/

口コミ情報(エキテン)
http://www.ekiten.jp/shop_278360/

口コミ情報(ビットストリート)
http://www.bit-st.jp/favor/view.cgi?num=03483&code=MD_HL_0#1138179744

院長ブログ!
http://soft-balance.at.webry.info/

アメーバブログ!
http://ameblo.jp/d-k-soft-balance/

twitter!
http://twitter.com/soft_balance/

体と心の悩み無料相談始めました
http://www.soft-balance.com/autores/form5.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック