植物と会話をするようなリズム

画像


植物は環境がいいから、よく育つとは限りません。

普段は日が当たらずお部屋の明るさ程度で育っている植物が、

急に日差しが燦々と降り注ぐ環境に置かれれば、

植物はビックリして枯れてしまったりします。

植物はその環境でもどのように生きていくか、

どうすれば足りないものを補いながら、

生きていけるかを、必死になっているのを時々感じるときがあります。

根を張ったり葉っぱや茎を発達させれば、

その分エネルギーが必要になってきますし、

鉢の中で限られたスペースで育っている以上は、

根を張ればそれだけ窮屈にもなったりします。

そういった環境が整わない場所では成長をゆっくりにしたり、

根や茎の発育を抑えたり、葉を落としたりして、

順応しながら生きています。

今日は植物と会話をするようなリズムで、というタイトルですが、

人と人が会話で理解しあうような速度より、

植物と会話をするような速度が丁度いいと感じる時があります。

植物が今のこの環境が良かったか悪かったかは、

直ぐには結果は出ません。

葉が枯れてしまったからと言って、

不満を訴えているとも限りません。

じっくりとゆっくりと見届けて行かないと、

直ぐには伝えてはくれません。

もしかしたら今必死に順応させるために、

進化をさせている最中かも知れないからです。

そんな時に元気がないからといって、

日差しの強い場所に変更すれば、

泣きっ面に蜂状態になって、

生命力に影響を及ぼしてしまったりします。

植物の生命力を信じて、ゆっくりと見届ける感覚が、

丁度いいように感じています。

僕は植物から色々な事を教わります。

この事もその一部ですが、

人の体も植物と同じような速度で会話をしてあげる方が、

喜んでくれる感じがします。

体の気持ちになってじっくりと見届ける。

人の言葉や行動ばかりに影響され過ぎずに、

体からのシグナルを大切にして見届ける事の大切さを教わりました。

その気持ちを忘れないためにも、

僕にとって植物や体には、

僕を見つめてくれる大切な道標になっていると感じています。


当院では内臓ケアに特化した内臓ケア専門の施術院です。

内臓のことでお悩みがございましたら、是非一度ご相談くださいませ。

無料相談行っています。

無料相談はこちら→■メールによるお問い合わせ
http://www.green-balance.jp/faq.html#otoiawase

※お名前、性別、年齢、ご連絡先、症状等を明記の上、ご送信下さい。

Lineからでもご相談頂けます :
line://ti/p/%40yoh4092d


体の総合ケア green balance
東京都千代田区富士見2-2-7YKビル飯田橋3F
JR総武線飯田橋西口2分/東京メトロB2a出口3分

http://green-balance.jp

鍼灸・整体・骨盤矯正・カイロプラクティック・リラクゼーションサロン

#自律神経失調症 #内臓ケア専門 #小顔 #脳脊髄液 #頭痛 #めまい #眼精疲労 #耳鳴 #突発性難聴 #顔面神経麻痺 #花粉症 #アレルギー #吐き気 #動悸 #湿疹 #過敏性腸症候群 #冷え性 #生理痛 #便秘 #精神不安など、病院に行ってもなかなか原因が分かりにく症状を#オーダーメイド施術 #ケア

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック