自由という時間

20200919_144820.jpg
自由というと、何かに縛られない時間という発想があるかと思いますが、

僕にとっての自由とは、自由に考えることのできる時間が沢山あるということ、

それが自由であり幸せを実感する時間と思っています。

例えば仕事のために何かを考える時間は、僕にとっては自由とは思っていません。

好きなことをしている時に考える時間は、これは自由な時間ということになります。

その自由に考える時間がある比率が高(多ければ)ければ高いほど、

人は幸せなのだと思っています。

僕はその自由に考えられる時間を最も奪っている存在が、

寝ることと食べることではないだろうかと思っています。

寝ている時も食べている時も、その行動に集中しますので、

自由に考える時間はないに等しいと思っています。

特に寝ている時は、当然ながら考えることができない時間で、

自由で幸せな時間を奪っている存在の最たるものだと感じています。

人生において寝ることと食べることで、一生の時間の半分以上はその行動で幸せを奪ってしまっている。

あくまでも僕の視点ですが、そう捉えています。

食べることや寝ることをいかにシンプルにするかが、

幸せに生きるコツと思っています。

前回のブログ「セロリ」でも書きましたが、

僕はセロリを毎日一日一食、大した調理をせずに食します。

なので、一日の食事に費やす総時間は30分程度です。

そして、寝ることも猫みたいに床で直接ごろ寝のような寝方をしますので、

寝ては起きて、また寝ては起きての繰り返すようなごろ寝、うたた寝の連続が睡眠の取り方で、

寝ることにあまり重きをおかずに生活しています。

一日に何時間寝ようとか、どこでどんな環境で寝ようとか、いつ寝るかとか全く気にしていません。

そうすることで、幸せのために一日の自由に考えられる時間の確保に取り組んでいます。

睡眠は固い場所で寝ると、効率良く体の回復が起こるので、

それほど長時間寝なくても良くなってきます。

その事で考える時間を確保できることで、幸せを感じれて、健康のためにもなる。

その行動が幸せでもなければ、健康にもならなければ、

それは本末転倒で続きませんが、

自分にとってそれが両方(幸せのためにも健康のためにもなる)のためになると感じるので、続けています。

決して人に勧めている訳ではありませんのでご注意ください。

自由に考える時間が僕にとっての幸せになる時間ということに気づくまでに長い道のりがあった訳ですが、

それに気づけたことはラッキーだったなって思っています。

院長ブログ


https://soft-balance.at.webry.info/ (ウェブリブログ)


https://ameblo.jp/d-k-soft-balance/ (アメーバブログ)



内臓のことでお悩みがございましたら、是非一度ご相談くださいませ。



無料相談行っています。



無料相談はこちら→■メールによるお問い合わせ






※お名前、性別、年齢、ご連絡先、症状等を明記の上、ご送信下さい。



Lineからでもご相談頂けます : 



line://ti/p/%40yoh4092d



【院長ツイッター】





【Instagram】





体の総合ケア green balance



東京都千代田区富士見2-2-7YKビル飯田橋3F



JR総武線飯田橋西口2分/東京メトロB2a出口3分






鍼灸・整体・骨盤矯正・カイロプラクティック

院長ブログ更新しました「自由という時間」#自由とは #考える時間 #想像する時間 #イメージする時間 #栄養不要論 #内臓ケア専門 #自律神経専門 #飯田橋 #神楽坂 #整体 #鍼灸 #グリーンバランス #千代田区 #睡眠 #greenbalance
https://soft-balance.at.webry.info/202009/article_3.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント