花粉症について

画像
 

まもなく花粉症の季節となりますので、今日は花粉症についてお話します。

世間では花粉症は一度なったら治らない病気と思っている人が多くいるようです。

そもそも花粉症の症状はなぜ起こるのでしょうか?そして花粉症は本当に悪者なんでしょうか?

鼻水、目のかゆみ、くしゃみ、喉の違和感、身体のだるさなどなど、とても厄介な症状です。

花粉症の原因は、一般的に花粉が原因だとか、アレルギーによる免疫過剰反応だとか、花粉と排気ガスが結び

つくことによりアレルギー物質が発生することによるものなど、さまざまに言われています。

私が考える花粉症の原因は、冬の食べ過ぎによる内臓負担や、血液のドロドロ状態、免疫力低下な

どの傷んだ箇所を良い状態(健康状態)へと導くための修復反応であり、防御反応であると考えています。

ですから、薬などで症状を一時的に抑えるようなことをしても治ることはありません。

治るどころか薬の効果がどんどん薄れ、強い薬でないと効かなくなっていくのです。

更には、その後の季節である夏や秋にその代償が及んできてしまうのです。

そもそもなぜ冬の食べ過ぎがよくないのかというと、人類の進化の過程をひも解くことでその答えが

見つけだせるのです。

人類が育った環境の99パーセント以上が狩猟や木の実を採ったりなど、自然との共存がメインの生活を

していました。農業の文化はたかが2500年ほどの歴史しかないのです。人類300万年とも500万年とも言われ

ていることから考えるとほんのわずかなのです。

ですから、冬には当然食物が取れず少食にならざるをえなかったのです。しかしながら長い年月の過程で

冬は少食でも生きていけるように進化したのだと考えています。

それにより一年間を通じて一番少食な季節は冬なのです。しかし、現在の食生活から考えると、

冬が一番食べ過ぎる傾向があるようです。それにより冬の食べ過ぎが原因で花粉症になると私は考えています。

花粉症の対処法として一番有効なのは、まず少食を心がけることと、甘いもの(お菓子、清涼飲料水など)を控える

こと、お風呂で体を刺激するように、たわしや硬めのブラシで体を洗う事をお勧めします。

すぐに結果が出る訳ではありませんが、年々良くなる方向へ向かうのではなかと思います。

是非一度お試し下さい。


ソフトバランスはり灸整体院HPは⇒こちら


↓応援宜しくお願いします↓1日1回クリックを

にほんブログ村 健康ブログへ←健康ブログランキングに参加しています。ポチっとクリックお願いします


画像>←ブログランキングに参加しています。カチッ!とクリックして下さいね!




















"花粉症について" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント