テーマ:命の大切さ

蜘蛛との会話

昨日、一時間ほど蜘蛛と会話をしていた。 いつも座るソファーのど真ん中に蜘蛛が一匹、寛いでいた。 思わず踏みつぶしそうになって気がついた。 おっと危ない、危ない。 「蜘蛛さんちょっとそこをどいてくれないかなぁ」 「そこは僕が座るところなんですけど~」 しばらくそのまま立ったまま話をしていました。 「蜘蛛さん、ここの部屋はどう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あの夜

今、感じていること、 今、吠えたいことを、 素直に表現できる喜びを噛み締められているだろうか? いま、本能で踊れているかい? 自分がいつこの世からいなくなっても気にしなくなったあの夜から、 世界が変わり始めた。 命の価値観の立ち位置を、変えた時から、 本能で踊れるようになってきた気がする。 命を大切にする意味の履…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私は知ってしまった

他殺で亡くなることは光栄なこと。 誤解されたくないので最後まで読んでください。 他殺で亡くなるということは、 それぐらい相手に心を動かすことができたってことになります。 命を奪いたいほど厄介な存在になれたってことです。 このことは愛しすぎたとしても同じ感情を起こすと思っています。 愛しすぎても、憎まれ過ぎても、殺したくなる感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more